セッションの様子

昨日見学させてもらったセッションの様子を少し。

やはり問題は先住犬のブル・マスティフ"ダンサー"でした。
ビビリでドミナント。
問題はTonnyではない!このダンサーを完全にコントロールせよ!とのお達しが出ます。

まずは外での歩き方。
↓ ダンサーは前へ前へと行き、すごく引っ張ります。Tonnyは既に"し"の字♪
f0224986_15594333.jpg

↓ きちんとCorrectionを入れると、こうなります。ダブル"し"の字♪
f0224986_1621227.jpg

↓ お父さん余裕~。ポケットに手つっこんでます(笑)。自信がついたよう。
f0224986_636459.jpg

↓ お母さん、ちょっと苦戦してます。この後、1匹ずつの散歩に切り替えました。
f0224986_1664625.jpg


↓ 続いて家の中での問題。ダンサーは家に人が訪ねて来たり、郵便物が届いたりすると吠えてドアまで走って行くとのこと。
 (写真手前がドア、写真奥がキッチン)
f0224986_614275.jpg

f0224986_6143415.jpg

f0224986_615044.jpg

↑ 変にズームを使って写真を撮ってしまったのでちょっと分かりづらいですが、上の3枚の写真のMasumiさんの立ち位置と、ダンサーの立ち位置の動きにご注目。
  メルマガを読んでいる人は直ぐ分かりますね!

こうやって犬種の特徴をおりまぜながら(これもメルマガであったな~)分かりやすく説明してもらい、
訪問者への問題は一発で直ってしまいました。
今では、誰かが来ても鶴の一声でパ~ッとキッチンにあるドッグベッドへ行き、大人しく待てるようになりました!

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-27 23:45 | Tonny

あり得ない・・・

昨日はTonnyの譲渡先でのMasumiさんのセッションを見学し、
全て丸く収まりメデタシメデタシの予定だったんですが、
つか、そこまでは本当に予定通り。

でも、私達が帰った後、Tonnyが脱走して今なお行方不明中です・・・。
昨日の夕方に脱走したんだけど、私達に連絡が来たのは3時間後。(遅いよ!)
速攻出動してTonnyを探し回りましたが見つからず。
皆0時前後くらいまで探してました。
私は、時間が経てば経つほどTonnyが見つかる確立が少なくなる!という気持ちがあったので、
明日仕事の旦那さんを家でおろし、再度1人で出動しました。
結局朝の4時くらいまで諦めきれずに探してました。

譲渡先のお母さんは朝6時にTonnyを見つけ、捕まえようとしたんですが逃げられてしまい、
その後も探し回っていたので朝の8~9時までやっていたみたいです。


前の飼い主にネグレクトされ、D911のレスキューされたTonny。
病院へも連れて行ってもらいココロも体も随分回復し、
今思うと意外と早く譲渡先がみつかりました。

先住犬とのMeet & Greetも上手くいき、Masumiさんのセッションでは譲渡先の家族の「犬への意識」もだいぶ変わりました。

これから、これからTonnyの第2の人生、新しい家族との毎日が始まるって時に・・・。
今までの分まで人生楽しむぞって時に・・・。

ほんの一瞬の出来事で、アクシデントだったんだとは思うけど、
逃がしちゃイカンよ、逃がしちゃ。


どうか、どうかTonnyが戻って来ますように。
頼みます。辛すぎるから。

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-27 22:21 | Tonny

電話1本、火事のもと

その電話、思っていたより相当早かったです。

今日の午後、トライアルに突入したTonnyの譲渡先から旦那さんに電話が入りました。
(問題があったらいつでも電話下さい、と連絡先を残してきたので。)

どうやら昨日の夜、家族みんなでリラックスしていた時、
お母さんが先住犬ダンサーの尻尾を踏んでしまったそうです。
で、ダンサーはTonnyがやったと思い、TonnyをAttackしたらしい・・・。
そしてダンサーとTonnyの間に座っていた娘さん、ダンサーに噛まれてしまったと。

「噛んだのはTonnyじゃないのね?」

真っ先に確認しました。
ダンサーにAttackされたTonnyは、応戦する訳でもなくブチ切れることもなかったそうです。
よ、良かった・・・。

で、お母さん、なぜか先住犬ダンサーのブリーダーへ連絡。
こんな事があって・・・と説明するとそのブリーダー、

「Cane Corso!?ダメだよ、ダメダメ合わないから。
仔犬だったらまだしも、もう成犬だったら今は大人しくしていても、将来ダンサーと絶対ケンカになる。で、これケンカになったら血を見るよ。」

と言われたそう・・・。
でお母さん、「I don't think it's going to work out....」と旦那に言ったと。

あ、あの~。
そのブリーダーの言ってること、鵜呑みにしてるの?
何のために私と旦那さんが時間をかけてMeet & Greet をしたんだろうか。

っつか、Tonnyは1つも悪い事してないっつ~の。

急に意味もなく攻撃されて、応戦もせず我慢できたってのは褒めてあげて良いのでは?

「I don't think it's going to work out....」と言っていたのでリターンだと思い、
Masumiさん・Marilynと話してから折り返し電話を入れますと言うことになっていたんだけど、
譲渡先のお母さんとMasumiさんが話してくれ、明日、Masumiさんが譲渡先の家へ出向いてくれることに。
そして、譲渡先のお父さんと娘さんがTonnyを相当気に入っているらしいので、まだまだ望みアリ!

明日の譲渡先でのセッション、見学してきます♪

↓ 譲渡先へ行った日の朝。みな、ダレ過ぎ~!
f0224986_142166.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-25 21:32 | Tonny

マスティフ x2

今週は先週に引き続き、土・日と両日譲渡会がありました。

信じられない事に、土曜、Solomonの譲渡が決定。
先住犬のナポリタン・マスティフとの相性も問題なし!で、日曜にSolomonを引き渡しということになりました。
f0224986_17124574.jpg

で、もっと信じられない事に、日曜、Solomonの譲渡キャンセル。
理由。「ボーイフレンドがダメだって・・・。」
もう相当ガックリきたけど、Solomon引渡しの前に言ってくれて良かったっすよ。
こういう所には、Solomonが譲渡されても結局リターンされてたでしょうし。
しかしオバはん、彼氏の言いなりになってちゃイカンのじゃないの?

でも、悪い事もあればイイ事もある!
Tonnyの譲渡トライアルが決まりました~♪
この家族、ブル・マスティフを飼っていて、お母さんが大層Tonnyを気に入りまして。
Tonnyを連れて外を歩いてみたお母さん、
「全然引っ張らないわ!」
と嬉しそう。(この言葉の意味、後で分かりました・・・。)
Tonnyのように力のある犬や大きい犬は、きちんと躾けておかないと危ないです。
元々すごく引っ張る犬ではなかったけど、ちゃんとリードウォーク(って言うの?)は教えて来ましたので悪くはないはず。

そして5days Trial をしたいとのことで、先住犬とMeet & Greet をするためTonnyを連れてその家族の家まで私と私の旦那さんで行って来ました。
その人の家の前でTonnyと一緒に待っていると、メス犬のマスティフ"ダンサー"が出て来ました。

私、顔面蒼白。

ぶっ倒れそうになりましたわ。
だってこの犬やりたい放題で、リードを持っていたお父さんは犬のこと全くコントロールできてないんですから~!

この犬ちょっとビビリが入っていて、Tonnyを見ると「何なの?何なの?」と大興奮/大ナーバスでリード引っ張りまくりで、お父さんヨタヨタ(笑)。
その上、チョークチェーンやプロングのカラーでなく、普通の革タイプの首輪。
これじゃコントロールできないっすよ・・・。

旦那さんに「ど、どうする?もう1つプロング持ってないよ。」と言うと「やるしかないでしょ・・・。」と。
そして苦肉の策で、Tonnyの付けていたプロングをダンサーに付けることにしました。
Tonnyはダンサーを見ても落ち着いていたので、プロングなしでもイケルと判断。

プロングをダンサーに付けると、プロング・バージンのダンサーはパニくって暴れましたがコレは想定内。
プロング初めての犬は、最初ちょっと驚いて暴れるのが普通です。
土曜に譲渡会にいたWasabiというパグMixもプロング付けた時に暴れましたが、そこで引かずにいれば直ぐ慣れます。
とは言え、パグMixが暴れるのとマスティフが暴れるのとでは訳が違うので、旦那さんが一緒に来てくれたことに感謝!

プロングを付けたあともダンサーはまだ興奮していたので、旦那さんがダンサーを、私がTonnyを持ってパック・ウォーク。
しばらくするとダンサーが落ち着いてきたのでTonnyをお父さんへ渡します。
f0224986_16554847.jpg

コレをしばらく続けた後に、お互いのお尻を嗅がせてご挨拶。
そしてまた少し歩いて「もう大丈夫かな?」というところで休憩~。
↓ Tonny、旦那さんの顔色をうかがってます。これからはお父さんがパックリーダー。
  お父さんの顔色をうかがうように!(ってコレお父さん次第だけど。)
f0224986_16594757.jpg

自分よりデカイ興奮犬を目の前に、取り乱さず落ち着いていられたTonny!
初めてのプロングカラーにめげず、最後には落ち着いて歩けたダンサー!
いやあ、2匹ともよくがんばりました。

きっと小さな問題が出てくるのは、これからじゃないでしょうか。
それを、飼い主であるお父さんとお母さんが、どれだけコントロールできるか。
犬次第じゃないんです。
人次第・・・。

電話が鳴るたびにドキッとする、トライアル5日間が始まります。

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-24 22:55 | Solomon

バナナ

今日はDog Sitterをやってきました。
犬3匹。メスばかり。
どの犬も大人しく、家の中は静かなモンでした。

ウチは今、犬4匹。オスばかり。
多頭飼いはオスとメスの組み合わせがいいと言うけれど、パックのバランスがとれていれば、
飼い主であるパックリーダーがきちんとパックをまとめていれば問題ないっつう事ですね。
(ウチは最近、Tonnyが元気ありすぎて、そしてSolomonに変化がでてきてパックのバランスに波が出てきていますが・・・汗。)


Dog Sitterをした中の1匹が、US Coast Guardの爆弾探知犬でした。
飼い主の人に以前、「テキーラって言うの」と犬を紹介され、私の友達の犬は"ギネス"だし、
お酒の種類や銘柄は犬の名前に人気あるのかな?と思ったのを覚えている。

でも今日、よくよく聞いてみると、その犬の名前は"テキーラ"ではなく、
"チキータ"だった。
私のヒアリングも大したことないな・・・。

しかし、お酒じゃなくてバナナだったとは。
f0224986_15422893.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-22 21:19 | Others

デカイ体で

Zennyが寝ている横に入り込むJigen。
Jigenは相変わらず、デカイ体で狭い場所が好きだねえ・・・。
f0224986_17224290.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-21 23:20 | Jigen と Zenny

見極める眼

今日はTonnyの去勢手術の日。
朝、Tonnyを獣医さんの所へDrop-offして、夕方4時ころにPick-upしに行きました。

まだ麻酔が残っているのかドロ~ンとした感じのTonny。
獣医のアシスタントか何かの男の子に、
「Was everything OK?」
と、社交辞令で聞くと(だって問題ある訳ないと思ったから)、

「NOT REALLY・・・・」

との返事。
ど、どういう意味よ!?と聞くと、
「Snapped at meで噛もうとしたので、誰もTonnyを触れなかった」と。

あああああ~!?

本気で言ってんの?だってTonnyですよ、ビビリーの!
「私の前では1度もそんな事したことないのに。信じられないけど・・・ゴメンね。誰もケガしてないよ・・・ね?」
と誰もケガをしていない事だけ確認して家に帰りました。

とにかく信じられないんですけど。
でもTonnyはビビリだから、状況がそろえば「はうっ!」と噛むマネくらいはするかもしれない・・・。
いやコレが譲渡先でなくて良かった。今分かって良かった。
これから、コレにどう対応、トレーニングしていこう・・・。

と、ず~っと考えていた。ず~っと。
Masumiさんから電話が来るまでは。


私は、Masumiさんと入れ違いにその獣医へTonnyをPick-upしに行ったらしく、
Masumiさんが他の用事でその獣医に行ったときに

「Tonnyを本当にKeepするのか?譲渡会に出すのか?人を襲おうとしたんだぞ!
アグレッションがある!」

と言われたそう。
おかしいとと思ったMasumiさん、その時の状況を詳しく聞いて何があったのか解明してくれました。

どうやら私がTonnyをDropした後、アシスタントの人がTonnyをケンネルに入れてリードを外そうとしている時に、逃げようとしたらしい。

それ、アグレッションって言わないでしょ!?
それ、人を襲ったって言わないでしょ~!?


Masumiさん、その人にきちんと説明し、それはアグレッションとは言わない。逃げようとしただけ。
(その人も、アグレッションではなく逃げようとしていたという事に同意しています。)
アグレッションという言葉を気安く使うな!くらいの事、言ってくれたようです。


良かった♪ Tonnyが人を噛もうとしたんじゃなくて。
Tonny、そんなことする犬じゃないもん!って、詳しい状況も聞かず、
Masumiさんから電話があるまで「がび~ん」と落ち込んでたのは私なんですけど。

人は好き勝手なことを言います。
「噛まれた」「うなった」「暴れた」とか、色々。
でも状況を聞いてみると、「噛ませたのは(噛まれるような事をしたのは)、あなたよ。」とか、「そんな事すりゃ、私だってうなるよ」って事が多いです。

そして、犬を捨てに来る人は嘘を言うことが多い。
「家族にアレルギーが出た」は王道。皆、悪者にはなりたくないんだな。
個人的には、悪者になる勇気もないくせに・・・!と思う。

Solomonもそう。
前の譲渡先の人が言っていた、「先住犬とうまくいってない。」から始まり、家の中でオシッコ、ウンチをする、ベッド、ソファーにのる、ってみんな嘘っぽい。
だってウチではそんな事、戻って来てからもやらないから。
そして、もしSolomonが先住犬とうまくいっておらず、いじめられた、Attackされた可能性があるなら、多分、Solomonの精神状態はもっともっと悪くなってたんじゃないか?
Solomon、そこまで悪くないし。
他にも、餌を食べない、痩せてはおらずむしろ太った、とか全部ウソに見えてきた。

Tonnyも。
「オレになつかない。」「男の人を怖がる。」「散歩はしていた。」
この人、私と旦那さんがレスキューのボランティアやっていることを聞きつけて、
人づてに「この犬が欲しいか?いらなきゃシェルターに持っていくからって伝えろ。」って言ってきたんですよ!?
脅しですか?
で、そのころ忙しかったのもあって直ぐに返事をしなかったんですよ。
そしたらこの人、自分の友達に「シェルターに犬を持って行くから一緒に来てくんね?」って頼んでるんですよ!?
Chicken !!!

あ~こうやって長々と愚痴ってる間に、七曲署のMasumiさんが、今日の経緯、獣医のアシスタントとのやりとりを詳しくブログでアップしています。
スッキリ爽快なので、是非読んでみて下さい。


人の言葉ではなく、その犬に何があったのか、何でそうなったのか見極められるようになりたいと思う今日この頃・・・。

↓ タマ付き最後の写真、Tonny。
f0224986_1521927.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-20 21:54 | Tonny

Lucy

まだ相変わらずBoxerの仔犬、Lucyの散歩へ毎日行ってます。
初期のころ、Masumiさんにビシッとやってもらったおかげで、
リードを引っ張らない" し"の字で散歩は本当に楽です。

今の問題は、人が寄って来たときの興奮。
Lucyの家のご近所さん、私が毎日ほぼ同じ時間に散歩をしているのでそれで知り合いになった人、
そして見知らぬ人でも仔犬というのは目を引くらしく、1回の散歩で最近は本当に多くの人に話しかけられるようになりました。

で、その時のLucyの興奮度がスゴイ。
普通のテンションで近づいてくる大人だとまだイイのですが、子供は・・・。
それはそれは黄色い声で

「Luuuuuuuucyyyyyyyy~♪」

子供が近づいて来る前に座らせようがCorrectionを入れようが全然ダメですわ。
もうちょっと私も勉強しなければ。
今はもうちょっとCorrectionのタイミングを上手くやろうと思ってます。

↓ ご機嫌Lucy。
f0224986_3353220.jpg

↓ リラックス中。アクビしてます。
f0224986_3361980.jpg

↓ フィールドで"Stay"の練習中。
f0224986_337222.jpg

↓ こう見ると随分ボクサーっぽくなってきました。
f0224986_3375266.jpg

f0224986_338919.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-19 10:18 | Others

最近のSolomonの位置

Solomonが出戻ってからほぼ10日。

メデタク!?古巣に戻って来たはいいが、何だか見慣れぬ奴"Tonny"がいてSolomonもさぞビックリしたことだろう(笑い)。

そのう上、最初は元気もなく大人しかったTonny、最近では体調も良くなり新しい環境にもなれ、"イェイ"スウィッチが頻繁に入るように。
そして去勢手術がまだなせいか(今週手術です)、腰をふりたがります。
最初はZennyが被害者だったけど、今のターゲットはSolomon。
やっぱりWeak energyのSolomonは、Easy targetなんでしょう。
それもあってか、SolomonはTonnyをちょっと嫌がってます。


おとといの夕方、4匹つれてテニスコートへ。
久しぶりだったので、4匹みんな激しく走り回っていました。

で、Tonny。
いつものようにSolomonのお尻をクンクンし始め、嫌がるSolomonの後を追っています。

ここでいつもだと、私や旦那さんがTonnyに渇を入れやめさせるんですが、
その日はちょっと違いました。

Solomon、あのSolomonが、
Tonnyに向かって吠えましたよ!
それを見ていた私と旦那さん、

「おお~Solomon、やれば出来るじゃん!」

あの体のイカツイTonnyに追い掛け回されて、相当イヤだったんだね。
旦那さんは調子にのって、

「いいぞSolomon!もっとやれ!Tonnyなんかぶっとばせ~!」

なんて言ってたけど(笑)。

それとその日は、もう1つ嬉しいことが。
テニスコートの外に壊れた水道の蛇口があって、水が変な方向にジャージャー出るんだけど、
それが怖いのかSolomonはソコで水が今まで飲めませんでした。
でもその日は相当ノドが乾いていたのか、初めてソコで水を飲みましたよ!

これからもこうやって、少しずつ自信を付けていけるとイイな。
がんばれ、Solomon~!

f0224986_882385.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-16 22:28 | Solomon

突撃!Solomonの晩御飯 (動画)

ウチでは犬にエサをやるとき、

Sitで座らせ、Downで伏せ、そしてしばらく待たせます。
で、OK!の合図で食べて良し♪となります。

Zennyなんかは、私がZennyのエサを手に持つともう勝手にDownで待ちます。
Solomonは、私がSolomonのエサを手に持つと私(あるいはエサ?)をジ~ッと見つめるので、
Sit!と言うと「おおお、そうやった。」って感じでSitは通り越しDownで待ちます。

Sitと言ったのにDownをする。
SitとDownがごちゃまぜになっているのか、
エサのプロセスをもう知っているからDownで待っているのか?

とにかく、エサの時のSolomonが面白すぎるので動画に撮ってみました。
どんだけエサ食いたいんだ?って感じで。



にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-12 21:33 | Solomon

ウチの暴れん坊

Masumiさんのやってらっしゃるレスキューグループでボランティアを始めてから早1年。
本当に何も知らない頭でっかちの私でしたが、少しずつ少しずつ犬について学んできました。
これから色々なプロジェクトが動き出すということで、個人的にもとっても楽しみ。

そのボランティアのミーティングが先週あったのですが、その事をMasumiさんがブログでアップされていて、少しZennyについて書かれています。


犬の言い分を聞いてあげること・・・・が欠けています。
噛んで人を動かすことを学んだ犬には、きちんと教えればいいんです。

ソロモンゼニー、プリンセス、マーティー、ビリー、どの犬も犬や人に唸ったり、向かっていったり、襲う行動を見せた犬たちです。(もっと居たけど、忘れた!)

中には獣医から獰猛な犬だと判断された犬もおります。
うちらの保護犬たちです。

でも、今では、とんでもないいい子たち!ゼニーなんか、犬を殺しかねないと譲渡会にも参加できない犬??として、うちが引き取った犬です。

今ではこの子、他の保護犬たちの心のセラピードックですよ!


本当に嬉しい言葉です。
以前のZennyを知っている人、そして特にMasumiさんからそんなコトを言われた日にゃ~、
そりゃ嬉しいってモンです!

ホント、誇らしい。


↓ Solomon「な、何だ、アイツ・・・?」
f0224986_9532365.jpg

↓ Zenny「イェ~イ!」
f0224986_9541367.jpg


↓ Zenny「セラピー担当ですが、何か?」
f0224986_9545061.jpg


ああ、愛おしすぎる・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-10 09:36 | Zenny

慣れさせること

土曜日は毎週ローカルのPetcoにて譲渡会があります。

先週?先々週だったかな?
Tonnyはビビリなので、まずは場所に慣れてもらおうとPetcoへ連れて行ったのですが、
まずは床が滑るのが怖かったみたい。
そして沢山の人と犬に驚き、出口の方へ出口の方へと私を引っ張って行きました。

Petco=譲渡会=怖い!
と埋め込まれてしまっても困るので、"店の中を少し歩いては外で休憩"を何回か繰り返し今日は早めに退散。
これを2週やったかな?


そして今週はフルで譲渡会に出席。
クレートの中からずっと私の姿を追っていましたが、Masumiさんから

「Tonnyは(Solomonも)Socializeされていないから、譲渡会中、色んな人にどんどん散歩に出してもらった方がイイよ。」

と言われ、そーだそーだ、私がProtectiveになってどうする!と他のボランティアの人に外へ出してもらったり、ちびっ子ボランティアに遊んでもらったりしていました。

苦手なコトから逃げてちゃダメだ。
慣れてもらいまひょ♪

f0224986_9315891.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-09 09:13 | Tonny

今日のSolomon

ここのところ、LAエリアは相当暑くなってきました。
この気候で朝晩に犬4匹、間にもう1匹(ボクサーのLucy)散歩となると、焼けます。
日焼けがスゴイことになってます。

こんだけ歩いても体重は減らず、肌のダメージ拡大中。

暑いし焼けるし、ちょっと散歩の距離を短くしようかな?なんて勝手なことを考えたりしますが、
こんな顔を見ると「そうもいかないよな~」と思い直します。

散歩は大事♪
f0224986_15341975.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-07 23:24 | Solomon

笑顔 Solomon ♪

f0224986_3231849.jpg


にほんブログ村 犬ブログ セントバーナードへ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-06 11:22 | All of them

Welcome Back, Solomon !(2回目)

今日、SolomonをPick upしてきました。
見た感じ、ちょっと変わったような気もしたけど、思ったより悪くなかった気もする。

「Solomon~!」
と寄っていったらビビって後ずさりされるかなって思ってたんだけど、
「あ、この人・・・何か知ってる。」
って感じの反応だったかな?


私が次にSolomonに会うときは、新しい飼い主と私達とのプレイデイトか何かで、
待ち合わせの場所にJigen・Zennyを連れて行き、
「Solomon、私のこと覚えてる~?」
と駆け寄ると、

「おめぇ~、誰?」

って感じでプイっとされる。で私は、

「この恩知らず~!」

と最大級の笑顔と共に怒りをSolomonにぶつける・・・。
って予定だった
Solomonが譲渡されて、譲渡先でうまくやっているって聞くたびにコレを脳内シュミレーションしてププって1人笑ってた。(はい、暗いです。)


ちょっとSolomonとの再会は予想と大分違っちゃったけど、悪くはなかった。
家に着いて車の窓からJigenとZennyを見た瞬間に、Solomonの尻尾は足の間から出てブンブンと横に振られっぱなし。
JigenとZennyも大興奮でした。

あまりJigenとZennyが興奮しすぎるとSolomonが引いてしまうので、挨拶だけさせいつものテニス・コートへ。

いつものように入り口のドアの前で一度座らせ、
いつものようにテニス・コートの中でリードを外す前に伏せの体勢。
そしていつものように少し伏せの体勢で待たせてから「OK~!」で皆走り出す。
4匹とも、OKの合図でトビウオのように跳ねまくる。
そう、Solomonも跳ねまくる。

ああ、ウチに連れて来てよかった・・・と思った瞬間。
Solomon、また一緒にがんばろう。
f0224986_1739233.jpg

f0224986_1739393.jpg

f0224986_17395742.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-05 23:01 | Solomon

独立記念日

今日はアメリカの独立記念日。
花火がウチから相当近い海の上からあがっていて、音も凄いです。

JigenとZennyは最初吠えたんですが怒られて直ぐやめ、
Tonnyはクレートに入ったり出たり。

バルコニーから花火を見ていて、JigenとTonnyがいないのに気づきました。
探しに行くとTonnyはクレートの中。
Jigenは、Tonnyのクレートが置いてある部屋の、花火があがっている所から一番遠い部屋のコーナーで丸くなってました(笑)。

ビビリー組、Stick together の図。
明日にはココにSolomonが加わる予定。
f0224986_1592496.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-04 22:01 | Jigen

残念すぎるニュース・・・

7月に入り、アメリカは独立記念日(7/4)に向かってお祭り気分満載。
でも、私の方は数日前に入った残念すぎるニュースが頭から離れず、ため息満載。


Solomonが戻って来ます・・・。

先住犬とも打ち解け始め、3匹目を探していると聞いていたんだけど。
なにやら先住犬がSolomonをいじめ出し、Solomonビクビクで先住犬を避けていると。
先住犬が庭にいるとSolomonは庭に出られないので、家の中でオシッコ、うんちをするようにまでなってしまったらしいです。

そして、たれ耳の宿命"Ear Infection"、最近Solomonが耳のInfectionで獣医にかかったらしいんだけど、今後、獣医代とか薬代とか出せないって・・・。
前に飼っていた犬の獣医代をまだ払っているところだからって。

2ヶ月近く飼っていて、今さら手放せるのか?
情とか沸かないのかな?
Tonny、ウチに来てからちょうど2週間だけど、情、沸きまくりですけど。


Masumiさんも6/29の記事でこの件に触れていて、多頭飼いは

「仲良くしてね!」じゃダメなのよ!!!!

っておっしゃってます。
ホント、そうなんだと思いますわ。
だって、誰のパックで、誰がパックリーダーなんだ?って話ですよ。

犬じゃナイですよ、
飼い主のパックで、飼い主がパックリーダーでしょ!



しばらくウチに来ることになると思います。
だって、SolomonはBoardingとかに預けられて上手くやっていけるタイプではないし、
Solomonのことを誰が一番知ってるかとなったら、私達だと思うんです。
今の飼い主以外ではね。

毎日ビクビクしているだなんて、1日も早くそんな状況から出してあげたかったんだけど、
ウチ、今Tonnyがいるし、4匹ってなると本当に世話も大変で「早くウチに連れて来て!」って直ぐ言えなかった。
預かるからにはキチンと世話をしたいと思うんだけど、TonnyもSolomonも手が掛かるから。
直ぐに「ウチに連れて来て!」って言えなかったっす。


Tonnyはグングンとココロの回復はしてると思います。
問題は身体の方。こっちも少しずつ良くなってるけどね。

Solomonは身体には問題ないけど(耳のInfectionなんて良くあることだし)、
ココロの方が・・・。
最初にウチに来た時より悪くなってるか?ココロ閉ざしちゃってるか?
ウチで出来ていた、クレート・トレーニングとトイレ・トレーニングが出来なくなっているのは確実。

とにかく、Solomonがもうすぐウチに戻って来ます。

f0224986_15532183.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-02 22:15 | Solomon

アズキ大の・・・

Tonnyは、以前の飼い主のところでボクサーの仔犬と一緒に飼われていたんですが、
この5~6ヶ月のボクサーにやられっぱなしだったようで、マズルに引っかかれた傷があります。

今、甲状腺の影響(か、あるいはアレルギー?とも言われた)で皮膚がすごい痒いようで、後ろ足を使って足の届くところ全てを掻きまくっており、
顔を掻くときにマズルの傷を触って、血が出てしまいいつまでたってもその傷が治りません。
その話しをしたらMarilynがわざわざエリザベス・カラーを持って来てくれました。

そして早速試したんだけど、Tonny、ただのエリザベス・カラーに大パニック!
エリザベス・カラーから(多分)逃げようと走り回り、エリザベス・カラーが家具や床や色んな物にガンガンぶつかりソレでまたパニック。

ココでビビッておしっこをチビってしまう・・・なら理解できるんだけど、
ウチのTonny君、

小豆サイズのう〇ちをしてくれたんですけど!?

どんだけビビッてんだか。
なのでエリザベス・カラーはあきらめ、旦那さんの靴下を履かせてますわ(笑)。

(あ~でも、下痢じゃなくって良かった・・・。)
f0224986_17502565.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-06-30 23:28 | Tonny

恒例の・・・海開き

去年のJigenに続き・・・。

↓ 旦那さん 「よし行くぞ、覚悟はいいか~?」
  Zenny 「うわ、何すか・・・?」
f0224986_6135323.jpg


↓ Zenny 「や、止めて~!」
f0224986_6155995.jpg


↓ 旦那さん 「お前にチョイスはナイんだよ、分かってる?」
  Zenny 「・・・。」
f0224986_6182634.jpg


↓ そして、Zenny海へ投げられるの図。(Zennyは波の下。)
f0224986_6203064.jpg


↓ Zenny 「ひえ~、勘弁して下さい~(涙)!」
f0224986_6214926.jpg


↓ そこへさっき一緒に遊んだPit Mixの犬が果敢にZennyの救助へ。
  Pit Mix 「おい、お前大丈夫か!?動物虐待反対~!」
f0224986_6241122.jpg


↓ Zenny 「あ、この人僕の飼い主っす。悪い人じゃないんです・・・。」
  Pit Mix 「飼い主かよ、でもお前もしっかりしろよ。」
f0224986_628279.jpg

 
↓ Zenny 「ツライぜ・・・。」
f0224986_6283577.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-06-28 20:10 | Zenny

久々、Dog Beach ♪

今日は久々に隣町、Long Beach にあるDog Beach へ行ってきました。
Jigenはあまりハッチャケルと腰に悪いので留守番、
Tonnyはオフ・リーシュができないので留守番。
ということで、今回はZennyだけ!

f0224986_13393652.jpg


思えばZennyがウチに来た当初はトレーニングが思ったようにいかず、

「Zennyを連れている時は、人も犬も避けて歩かなくちゃいけないのかな?」
「一生、Dog ParkやDog Beach、Zennyを連れてお買い物なんて無理なのかな?」

と結構悩んでいたので、リードなしで(ショック・カラーは付けてるけど)Dog Beachを走り回るZennyを見ると、
そして見知らぬ犬ともケンカをせずに仲良くやっているのを見ると密かにクルものがありました。

これも、毎度的確なアドバイスをくれたMasumiさん、
そして絶対に、絶対に諦めなかった旦那さんのおかげです。

アリガトウ!

f0224986_13465673.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-06-26 23:35 | Zenny

ココロもどんどん回復中

Tonnyがウチに来て数日で、D911のMarilynが獣医のアポを取ってくれ、
基本的な検査をしてもらいSkin Issueの方も理由が判ってきました。

どうやら甲状腺の問題らしいです(甲状腺ホルモンの低下)。

ストレスからくる一時的な事もあるみたいですが、
そうでない場合は一生薬を飲んでいかなければなりません。

獣医の先生は一生薬とお付き合いの可能性が高いのでは?と。
今、薬を毎日飲んでいて、1ヵ月後にまた検査。
そこで、もう少しはっきりするとのことでした。


ウチに来てから数日は、家の中でもテニス・コートでもオドオドしており、
テニス・コートでは特に、ずっと逃げ道を探しているような感じだったTonny。

でもウチに来て5日目、突然テニス・コートでJigen/Zennyと遊び始めました~!
何かのスウィッチが入ったのかのように3匹一緒に走り回り、
でもZennyのPlayがRoughになりすぎると不安になって私達の所へ戻ってくる・・・を繰り返してました。

Solomonは、このX-day(笑)を迎えるまでに2ヶ月くらいかかっているので、
同じビビリですが症状はまだ軽い模様(爆)。良かった♪


前の飼い主は「男の人を怖がるところがあり、オレになつかない。」と言ってました。
でも、ウチに来た当日からTonnyは旦那さんの後をついて回って、オドオド感はあったものの人間にも犬にも問題はありません。

「男の人を怖がっているんじゃなくて、問題はアンタだよ。」

って言ってやりたかったな。
ま、「男の人を怖がり~」なんて、Tonnyを捨てるための言い訳だってことは解ってたけどさ。

f0224986_4142143.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-06-25 22:44 | All of them

新入り! Cane Corso の Tonny

先週、ウチに新入りが来ました。
またもやビビリ。ビビリ収容所としては嬉しい限り!?

新入りは2歳のCane Corso(ケイン・コーソ....日本語では何て言うんだろうか?イタリアン・マスティフ系の犬)のTonny君です♪


散歩に出さず庭に出しっぱなしの飼い主。
外飼いには賛否両論あるかと思いますが、この場合だと飼い主との接点はゼロだし、南カリフォルニアと言えども夜は冷えるんですよ。
寒さをしのげるクレートも犬用のベッドもなかった模様。

Tonnyは以前よりSkin Issue(脱毛、かゆみ)があったようなんですが、友達に散々言われやっと獣医へ。
$500.00(5万円弱くらい)掛かったとお冠。そして、

「こんな犬、もういらねえ!」

と。
この飼い主、旦那さんの同僚の、友達のボーイフレンドだったんです。

紆余曲折ありましたが、Skin Issueその他のMedical Attentionが必要であること=お金が掛かることは明白でしたが、ウチでFosterするからD911でTonnyを面倒見れないか?と相談したところ快くOKをしてくれました!

こういう余計なお金が掛かる犬は、シェルターなどでも安楽死の順番が早いそうです。
カゼを引いているというだけで”安楽死”行きになることも多々あるようですから。(治療するのに費用が掛かるため。)
そういう犬を快く引き取ってくれたD911にはとても感謝しています。
Tonnyの新しい家族が早く見つかるよう、私達もできることをしなければ!

ちょっと長期滞在になりそうな予感のTonny、よろしくお見知りおきを♪
f0224986_13383362.jpg

f0224986_13384835.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-06-23 21:50 | Tonny

恋に落ちた訳

今月で、ZennyがD911にレスキューされてからちょうど1年がたちます。

1年前にFosterということでZennyを預かりましたが、
1日で気が変わり引き取ることに決めた本当の理由。
それに最近気付きました。


私、犬だったら大型で「馬ヅラ系困り顔」が好きです。
セントバーナードとかグレートデンとかマスティフとか。

人間の男性だと、昔から「サル顔モミアゲ」。
1度も映画なんて観たことないけどルパンとか。モミアゲ語らせたら長いっすよ(笑)。


で、Zenny。
Zennyは犬なんだけど、私の男性の好みの方に当てはまるようです。

f0224986_14315740.jpg

f0224986_14321815.jpg


しぶっ!
何気に相当いい感じなモミアゲをお持ちですわ。

あ、キャラとは全然違いますが、ミッキー(マウス)ラインも結構イケてます・・・!
f0224986_1436937.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-06-21 20:29 | Zenny

何や、あれは!?

f0224986_12342624.jpg


にほんブログ村 犬ブログ セントバーナードへ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-06-19 20:32 | Jigen

グラミー賞受賞シンガーへの譲渡

先月だったかな?
Masumiさんのパートナーでもある、D911のFounderのMarilyから電話。
用件を話した後に、

「そうそう!信じられる?
ハリウッドの超有名カントリー・シンガーにうちの仔犬2匹の譲渡が決まったのよ!
来週引渡しに行くんだけど、みんな行きたがっちゃって~♪」

その超有名カントリー・シンガーの名前を聞いたんだけど、知らない人だった。
私は昔、日本でカントリー・ミュージックをこよなく愛す人が細々と経営するレストランでアルバイトをしていたことがあったので、
好きでもないのにカントリー・ミュージックには結構詳しい方なんだけど(笑)。

「ユウコ、知らないの!?もう世界的に有名な歌手よ!」

もう1回名前を聞いたけど、知らない人だった。ま、いっか。
保護犬の譲渡先が決まったのはメデタイことだし、4兄弟で保護された仔犬のうち2匹が一緒の譲渡先に行くってのも嬉しいこと!


で、数週間後、これまでに譲渡が決まった犬のリストが載っているウェブサイトのページを見ていたんだけど、見覚えのある人の写真が。

あ~、この人、Colbie Caillat じゃん!
f0224986_1349083.jpg


色々と賞をとったりしてるし、Jason Mraz とコラボした"Lucky"はグラミーとってたし。
つか、カントリー・シンガーじゃないし!?


この人、ヒューマン・ソサエティーのスポークスマンみたいなのもやっているようで、
Puppy Mill に反対するキャンペーンなどでは、純血種を探していたってPuppy Millへ行く必要はない。Adoptしよう!と言っています。

そして、仔犬を引き渡しの際に取った写真をD911で使用してもいいか?と訊ねたところ、
快くOKをくれたそうです。
自分の知名度を使えるなら、犬や猫を守るためにどんどん使って欲しいと。

Colbie Caillat に譲渡されたラッキーな2匹はこちら。
f0224986_13584755.jpgf0224986_1359279.jpg


f0224986_1401817.jpg

↑ 譲渡された仔犬2匹とColbie Caillat 。そしてフィアンセのJustin Young。


後日、Marilynに「あの人、カントリー・シンガーじゃないよ」と言ったら、
「ロックよりSlowな曲は、私にとって全部カントリー♪」
と言われた。
了解です・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-06-18 13:27 | Others

Winston

f0224986_1734565.jpg

↑ こちら、去年D911によって保護され、新しい家族に譲渡された仔犬のWinston君です。

この譲渡先のお父さんが、先週のStreet FairにWinston君を連れて遊びに来てくれました♪
そして、こちらがWinston君 現在。多分、1歳未満?
f0224986_17151261.jpg

f0224986_17152938.jpg



でかっ!


このWinston君、何と、警察の爆弾探知犬(?)になるためのテストを既にパスしており、
これから爆弾探知犬になるためのトレーニングが始まるんだそうです。
すご~い!

がんばれ、Winston君!

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-06-16 23:02 | Others

Tulip

週末のStreet Fairまでという事で、先週の木曜から新入りの保護犬ボーダーコリー/ピットMixの「Tulip(チューリップ)」がウチに来ていました。
f0224986_113279.jpg
f0224986_1134436.jpg


Solomonの嫁入り(笑)が確定後、またFosterをしようと思っていたのですが、
旦那さんの仕事・学校がこの時期多忙を極めるため、少しFosterを休もうと思っていました。
が、数日の間だけということで、Street Fairに連れて行くためにBoardingにいたTulipをウチで預かることに。

このTulip、5ヶ月の女の子なんですが、いや~、めちゃくちゃ可愛いんですよ。
もう人と一緒にいたい、と言うか、人に触れていたいって感じなのかな?
座っていると、ピト~ッとくっついて離れません。いやあ、Solomonとは正反対ですわ(爆)。

そして自分をLap Dogだと思っているのか、直ぐ人のヒザの上に座ろうとするんです。
ヒザの上に座るには大きすぎるんですが、そんな事はやっぱりお構いなし。

もう私も旦那さんもメロメロ・・・。
人や犬へのアグレッションもなく「大した問題もなさそうだし、Tulipはすぐ譲渡先みつかるだろうね。」と話していた矢先にキッチンでオシッコ。
そしてウ〇チまで・・・。

やっぱりBoardingに預けられていると、トイレトレーニングはできていませんよね~。
ウチにいる間はトイレトレをがんばろう。

でも数日でトイレトレが完成しそうな感じはなく、私も旦那さんもTulipにメロメロだったため、
「Street Fairの後も預かる?トイレトレくらいできていないと譲渡もしずらいし・・・♪」
と話していたんですが、Street Fairに来ていたFamilyが大層Tulipを気に入ったらしく、今晩家族で話し合ってから連絡しますと。

そして次の日、Tulipはめでたく新しい家族に迎えられました~!
ちょっと寂しいけど、と~っても広い敷地を持っており去年までドーベルマンを2匹飼っていた家族の所でTulipが幸せになることを祈ってます!

Francescaと同じ、4泊5日のShort Stayでした。
f0224986_1322617.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-06-15 10:02

Street Fair

先週末にLocalのStreet Fairがあり、Doggies 911 Dog Rescueとして参加してきました。
移動遊園地やポニーライド、犬や猫のレスキューグループ、そして沢山の出店(と言うのか?)が出ており、とても賑やかなFairでした。

そこへ私達は譲渡先を募集している一部の犬達と、Fund raiseのために売る犬関係の小物を持って自分達のブースをセットアップ、1日をそこで過ごしました。

f0224986_204730.jpg

f0224986_21213.jpg

↓ コレ、一緒にボランティア活動をしているChristineが作ったポスターです。
  色々な意味で私達の思い入れの強かった犬の写真を使い、D911の活動を説明したもの。
  Solomonの写真も使われています♪
f0224986_212892.jpg



このFairのための準備期間がほとんどなく当日は本当にバタバタでしたが、Fundも少し集まり、
連れて行った犬に何件か良さそうな応募もあり実りある1日だったと思います。


そして何より嬉しかったのは・・・。

私達がブースを出していた場所は、犬や猫のレスキューグループが集まっているエリア。
クレートに犬を1匹ずつ入れているグループや、X-pen(金属のフェンス?)の中に犬をまとめて入れているグループと、さまざまでした。

どこのグループも犬を多く連れて来ていたし、とにかく多くの人達が出たり入ったりしていたので犬達は一種の興奮状態?
皆、ギャン吠え、X-penの中では犬同士のケンカも何回かあったようです。

でも、でも、私達のブースは静かなものでした。
あの中で、あれだけ落ち着いて静かにできるなんて、大したもんですわ!
たまに騒ぎ出す犬もいましたが(笑)、注意をされると直ぐ大人しくなり・・・。
ボランティアやフォスターをしている人達は皆素人ですが、
Masumiさんを中心にトレーニングに重点をおいてがんばっている努力の賜物だと思います!

ああ、自我自賛・・・(爆)!?

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-06-14 09:31 | Others

Solomon、その後 2

得意の放置プレイ、気にせずしれ~っと更新、大得意。


少し前に、またまたSolomonの近況が入ってきました♪
Solomon(現在、Sammy)は譲渡先で先住犬ともネコとも、その後うまくやっている模様で、
飼い主の女性、

「3匹目の犬を迎えたいんだが、いい犬いない?」

と連絡をよこしたそうです。
Wow、3匹目ですか!?

少し驚いたけど、現在のパックが上手くいっていなければ「もう1匹♪」なんて思わないだろうから、”Solomonが新しい家で順調にやっている”っていう証拠だ!
良かった・・・。






ああ、言わないでおこうと思ったけど、やっぱり言おう。
ここでコッソリ言おう。

Solomonに、人への攻撃性、犬への攻撃性があるからと安楽死を勧めたアフォ獣医、
見たかっ!

f0224986_1313363.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-06-13 13:10 | Solomon

Solomon、その後

ゴブです。生きてます。


今日は放置プレイをしている間に入ってきた、Solomonのその後について。

Solomon、土曜に新しい家に譲渡され、次の日の日曜には逃亡したそうです・・・(失笑)。
Masumiさんがキツ~ク言っておいた

「しばらくの間は逃げようとするだろうから、家、庭への出入りは気をつけて下さい!」

をすっかり忘れ、新しい飼い主の女性、いつも通りに庭から外へ。
それを見逃さない我が子Solomon!
ものすごい勢いで外へ走り、逃亡なり。

飼い主の女性、アッと気づいた時にはもう遅く、Solomonを追いかけたようですが逃げ足の早いSolomon、かなり大きい道路を横切ってしまったので一旦家に戻り車でSolomonを探したそうです。

道行く人に「こんな犬を見なかったか?」と聞いては車を走らせ、時間的にどのくらい掛かったかは聞きませんでしたが、
8キロ先の学校だったかで、Solomonを捕獲したそうです。


今となっては笑い話になりますが、本当に見つかって良かった!
飼い主の女性「言われていたのに忘れていつも通りにドアを開けてしまった私が悪い」と反省してましたが、電話で話した時はもう見つかっていたからか、そんなにヘコタレテいなかったのでかえって安心しました(笑)。
先住犬とも少しずつ打ち解けてきているし、「まだ諦めないわよ!」と。

心強いっす♪


少し前にレスキューグループの人が彼女と話しをした時に、

「He is sooooo adorable!」

と言っていたそうです。
adorableって、最上級なお褒めの言葉なんじゃないかな?
”もう無条件に愛おしい"みたいな。

そして先週にはメールで近況を知らせてくれました。
Solomonは今、Sammyという名前になり新しいお家でがんばってるようです。
ずいぶん慣れてきてネコともうまくやってるって。

そして、「その後、第2の逃亡はありません。」と書いてありました(笑)。

がんばってるSolomon、おっと、現在の名をSammy、

We are soooooo proud of you !!
[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-05-23 17:44 | Solomon