ロングリーシュで

今日、ZennyとSolomonを連れて、いつものフィールドへ行ってきました。
Zennyはほぼ毎日ココでオフリーシュで走り回らせているのですが(本当はオフリーシュ駄目なんだけど)、Solomonがココでロングリーシュをするのは結構久しぶり。

夕方だったので暗くなり始め写真ブレブレですが、2匹とも走る走る!
ああ、もっとコレやってあげれば良かった。
f0224986_13362030.jpg

f0224986_13364756.jpg

Solomonをオフリーシュにしないのは、もちろん預かっている犬だというのが一番で,
リコールで私の所へ戻ってくるかが不安だったから。

↓ でも今日、リコールでSolomonは戻って来たけど、Zennyには無視された・・・。
  何だSolomon、できるじゃん。で、Zennyは駄目じゃん。
f0224986_13345746.jpg


↓ コレ、分かります?Solomon、上唇が両側、歯に引っかかってます。笑顔っぽい。
f0224986_133911.jpg


↓ Solomon、本当の笑顔はこちら ♪ I'm going to miss you soooooo much...
f0224986_13393972.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-09-10 22:26 | Solomon

姉さん

Solomonの引き渡しが今週の日曜に決定。
土曜かな~?と思っていたので1日得した気分・・・。


以前Masumiさんがブログに、

「ZENNYがいまや、ソロモンの下に位置していること、気がついてないな~」

と、つぶやかれたことがありました。
Solomonの成長と共に、パックのランキングも変わっていったんですね~。

そして、ウチのパックとボラ友A子さんのパックが一緒になると、また違った感じになって面白いんです。
ウチのパックは、Jigen、Zenny、Solomon。前回一緒に犬を遊ばせた時はAlfredoもいました。
A子さんのパックは、MihoとLilly。
セントバーナードのJigenと柴犬のMiho以外は皆、D911の出です♪(笑)

この、Lilly。
通称”姉さん”、普段大人しいですが気が強く、ハンドルが難しいタイプの犬なんだと思います。
でも仔犬にはとても寛容で、必要な時は愛のこもったガウりで教育的指導をします。

ウチのパックとA子さんのパックが一緒になると、Lillyが完全にパックを仕切ります。
そして姉さんは、勝手な行動を許しません。

Jigenはよく前足を使って「遊ぼうよ」と他の犬にちょっかい出すんですが、
Solomon、コレをやられて、昔だったらJigenがウザいのでただ黙ってその場を去る・・・って感じでしたが、
急成長中の、今のSolomonはちょっと違います。
Jigenにガウりますし、ぶち切れるとJigenを咬んだりします(本気咬みではない)。

すると~、”姉さん”登場~!
自分が仕切っているパックの中での勝手な行動は許しません。
Solomonを追い掛け回しガウります。
この間はテニスコートを2周くらい執拗に追いかけられてましたよ(笑)。

Lillyにコレをやらせてしまっている私達もどうなの?って感じですが、
面白いのでやらせて見ています。
いや~、”姉さん”のブレないドミナンス、見習いたいです。
f0224986_14582923.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-09-09 22:08 | Solomon

新入り

新入りって言っても、ウチに来たんじゃありません。
D911にレスキューされたカワイ子ちゃん達。4週だそうです。

名前は確か・・・リン、バン、マージーだったかな?
獣医で働くスタッフの名前から取ったようです。
この子達が譲渡会に来れるのは、まだ先・・・かな。

f0224986_1435554.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-09-08 22:32 | Others

Solomonの成長

Solomon、明日はデンタルのアポ。
そして、耳のトリートメントは金曜に終わる(予定)。
Solomon、嫁入り準備が着々と進んでいます。

思えば、今年の1月末にギリで安楽死を逃れてウチに来たSolomon。
一度譲渡が決まり2ヶ月ほど留守(笑)にしていたので、正味5ヶ月をウチで過ごしました。
最初は、とんでもないビビリ-で本当にどうなることかと思ったけど、他の犬達の力もあり少しずつココロも体も元気になっていきました。

初めにSolomonの殻を破ったのは、我が家が誇る(!?)空気読まないセラピー担当Zenny。
結構早い時期に「一緒に遊ぼう」攻撃でSolomonの”イェイ・スウィッチ”を入れることに成功。

それからは一進一退、低迷期。
それでも譲渡が決まり、ホッとしたのも束の間、2ヶ月後にリターン。
しかしその頃にはウチにもう新入りのTonnyがいたので、まさかの4匹飼い。
でもこのTonnyが、ものすごく大きな役割を果たしてくれました。

Tonnyはウチに来たとき去勢がされてませんでしたが、まずは甲状腺やら他の問題が先ということで虚勢は後回しになってました。
だからなのか、Tonnyのドミナンスなのか、ビビリーでWeak EnergyのSolomonを執拗に追い掛け回し、腰を振ってました。(もちろん止めたけど、間に合う時は・・・。)
しばらくは逃げたり避けたり我慢してましたが、ある日、Solomonブチ切れたんです。
Solomon、Tonnyに向かって吠えましたよ!
あ、あのビビリーのSolomonが、Tonnyが近づいて来ただけで吠えたりして、嫌だという感情を外に出し始めたんです。

そしてAlfredo。
仔犬だからね、しょうがないんだけど、私から見てもウザいほど元気だった(元気なときは)。
他の犬の顔をベロベロ、上に乗っかってみたり追っかけてみたり。
で、堪忍袋の緒が切れたSolomon、Alfredoの無礼な行為にガウっと教育的指導~!

こう思うと、今ウチにいる3匹、相当イイ感じなパックになったと思う。
Zenny・・・空気読まないセラピー担当。
Solomon・・・教育係。
Jigen・・・えぇっと、無駄にデカイ人?

Solomonのガウった後に「あ、またやっちった。やって良かったっすかね?」と私を毎回見る目なんて愛おしすぎるっつうの。

Solomonとの3回目のお別れは今週末っぽい。
f0224986_10303328.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-09-07 17:16 | Solomon

三度目の正直

土曜日にAlfredoが譲渡され、同じ日にSolomonへも譲渡の応募がありました。
Marilynが早速電話で話し、ビビリであること、直ぐには懐かないであろうこと、耳の手術のことから全て説明。

そして、それでも構わない、と。


と言うことで、今日、Solomonも一緒にハウス・インスペクションも兼ねて彼女の家を訪問。

彼女はSolomonと初めてのご対面。
会ってみてSolomonを気に入らない可能性もあるし、私達が何らかの理由でお断りする可能性もあり。

でも実際会ってみると、彼女はSolomonを気に入ってくれ、私達も問題ナシと判断。

彼女はとても物静かな感じの人で、何て言うのかな?彼女のまわりに流れている時間のスピード感と、Solomonのまわりを流れている時間のスピード感がとても似ていた。
彼女の家に居るSolomonを容易に想像ができる感じ。

そして、Solomonの耳のトリートメントが終わるのを待って譲渡決定となりました。

Solomonとのお別れはコレで3回目。
1回目は新しいFosterの家へ行き次の日に帰宅。
2回目は譲渡されてから2ヶ月でリターン。

いやあ、今回は1番つらそう・・・。
f0224986_1125313.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-09-05 18:55 | Solomon

Good-Bye Alfredo !!

昨日、Alfredoの譲渡が決まりました!

結構長い間具合が悪く入院も2回あったのですが,その間にもAlfredoに関する問い合わせ・譲渡希望は多かったようです。
その中の1人、一番初めにAlfredoについてコンタクトしてきた人。
長い間Alfredoを待っていたので、とても喜んでいたようで本当に良かった♪

元気になってからのAlfredoは(ジステンパーの検査、Negativeでした!)、エンジン全開アクセル吹かしっ放し。
ウチの”パックの和”を乱す乱す。

正直ホッとしてますわ(笑)。


しかし、仔犬の譲渡を希望する人って多いけど、仔犬の世話がどれだけ大変か!
それを分かった上で仔犬を希望してるのかな~?なんて最近は思います。

Alfredoがウチに来て大変なことの方が多かったけど、AlfredoのおかげでSolomonがまた1つ成長できた部分は大きかったです。
その話はまたゆっくり・・・。

Alfredo、戻って来るんじゃないぞ(笑)!

↓ Solomon含め、ノリノリ(死語?)な4匹。
f0224986_1431310.jpg

↓ 実年齢 Alfredo≠Zenny、 精神年齢 Alfredo≒Zenny
f0224986_14334695.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-09-04 21:51 | Alfredo

連結している感じで

寝ている、いつものお二人・・・。
f0224986_705151.jpg

f0224986_712729.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-09-02 15:58 | Jigen と Zenny

くだを巻く人

新宿に良くいた、こういう人。

↓ 「もう、飲めねえよ~。わりぃ~けど・・・。」
f0224986_7443290.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-09-01 15:38 | Zenny

復活!Alfredo

Alfredoが元気になって帰って来ました!
そして、今週の土曜には譲渡が決まる予定・・・です♪
f0224986_14184673.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-31 22:17 | Alfredo

TV撮影秘話-おまけ

Masumi オリジナル・コマンド”ひ~は~”を、最も習得して欲しいヒト、Solomon。
もうちょっと、はしゃごうや~!


↓ Solomon: 「何よ、”ひ~は~”って・・・・?」
f0224986_61384.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-31 13:54 | Others

TV撮影秘話-3

これから犬のトレーニングのシーン。
f0224986_1529375.jpg

番組プロデューサーの友達だと言うこのトレーナー、ものすご~くトリートを使います。
撮影が始まる前に犬を1匹ずつ歩かせていたんですが、相当トリートをあげていて、
そして、犬はどれもフード・モチベーションのある犬だったので、そのトレーナーに釘付け。

「お~い、今そんなにトリート食べさせてたら、本番までにお腹いっぱいになっちゃうぞ!」
って、いらん心配しちゃうくらい(笑)。
でもきっとコレで”このトレーナー=トリート”って犬にはレジスターされた?

撮影が始まるとそこまでトリートを使っていなかったけど、
だからかえって犬達はそのトレーナー(=トリート)に意識が集中していて、きっと絵的には良かったんだと思う。

トリートを使うトレーニングを否定する訳ではないし、私達もトリート使いますが、
トリート持ってなかったらどうするんだろ?とか、フード・モチベーションの低い犬だったら?とか考える。
トリートの使い方が、多分、(私達とは)違う。


TV撮影に参加した、ゴージャス系ゴールデンMixのCooper。
撮影後半に”1匹に絞れない悩めるお父さん”のシーンがあり、候補の犬1匹ずつを前にお父さんが思いを語ります。

↓ お父さん、Cooperへの思いを一所懸命語っていますが、当の本人、動いていけないことを分かっているのでじっと座っていますが、
意識は写真を撮った私の後ろにいるMasumiさんにいっています。
Masumiさんはトリート持ってませんがね。
詳しい理由はMasumiさんの次回メルマガにて・・・。
f0224986_16195413.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-28 23:21 | Others

TV撮影秘話-2

1日目と2日目に、個別撮影がありました。
1匹ずつ芝生の上にじっと座らせ、それをカメラでしばらく撮るというもの。
多分、放送ではその絵をバックに、犬の紹介をするのかな?

初めはMasumiさんが犬をカメラの前でバシっと座らせ、
私達アシスタントは次の犬のスタンバイ、終わった犬の受け取りをしてました。
しばらくするとMasumiさん、

「じゃ、2人ともやってみて。」

と、おっしゃるじゃありませんか~!
「い、いきなりですか~!?」とココロの中で舞い上がりつつ、
めったいにないチャンスを頂いた事に感謝しながら私達アシスタントもやらせて頂きました。
f0224986_12581867.jpg

↓ 相手は犬。遊びモードに入ってしまっても落ち着いてコレクションを入れ問題ナシ!
f0224986_12594585.jpg


そして、Masumiさんのブログにもありましたが、他のトコから来てたバセット・ハウンド。
この子がまた全然言うこと聞かないんですよ~。しかもハーネスで登場!
速攻ハーネスは外し、首輪にリードを付けかえたんですが、
バセット・ハウンド、重心が低いのか単に体が重いのか、コレクション入れるのも大変で。
「よそのお宅の子」だから、どのくらいガッツリいっちゃっていいの?っていう遠慮もあり・・・。

個別撮影で、じっと座っていないであろうことは明白。
もう1人のアシスタントの子と、「バセットどうする?」という話になり、

「マ、マスミさ~ん♪」

と、Masumiさんに甘えてみた(爆)。
すると「あ~、その子ね。」とMasumiさん、バセットを連れカメラ裏へ
そしてMasumiさんとバセット、1対1の対決。
バセットは1分もたたないうちにペタッと座り、ゆっくりと横になり、最後にはお腹を見せて降参してました。(スゴイな~!)

その後、バセットの個別撮影はとってもスムーズ!
↓ お前、分かってるんやろ~な~!
f0224986_1322762.jpg

↓ 見とるからな!
f0224986_13222679.jpg


そして最後に5匹そろっての撮影。1人、あさっての方向を見ているバセット。
↓ バセット、またお前かい!?いい加減にせいや!
f0224986_13251498.jpg


本当にD911の犬はWell Behavedで、撮影クルーの人達からも高評価。
「一番大変なのは、犬を使った撮影と子供を使った撮影。
でも今回の撮影はとっても楽。」と言ってました!
良かった良かった♪

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-27 20:42 | Others

TV撮影秘話-1

撮影秘話ってほどでもナイが、先週末の撮影の話など・・・。

このTV Showの求めているモノの(私の)印象。
素敵な家に大きなバック・ヤード、笑顔の旦那さんに優しい奥さん、そして可愛い子供達。
彼らに足りないものは・・・、そう、ペット。犬です。
"Picture Perfect"な家族が、初めての犬を選ぶまで・・・の番組。

↓ お家のガラージ(車庫?)がモニター・ルームに早変わり。
f0224986_14283588.jpg

↓ 皆でモニター、チェック中。カメラの向こうでは、犬に色んな事をさせようと必死なスタッフ。
f0224986_1438057.jpg

↓ 待ち時間に、犬含めスタッフの人達と和み中♪
f0224986_14421915.jpg


撮影は、とにかく待ち時間が長い!毎日”待ち疲れ”で皆ヘトヘト。
そしてTVクルーの人達のFirst Priorityは、犬が疲れていようがいまいが、イイ絵を撮ること!
その辺を頭に入れて、私達は犬を守ってあげなければいけないのかもしれません。

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-26 22:14 | Others

MASUMI Japan Tour !!

いや~歳をとると、疲れが体に残ります。
先週末のテレビ撮影で、数日体がかったるかったですわ・・・。
撮影のご報告は後日ゆっくりするとして、今日は、忘れてならないコチラ!

MASUMI Japan Tour 開催 !

今回は東京、千葉、大阪、福岡だそうです。
私も行きたいんですよね~、特に保護活動をしている人向けの千葉でのセンターセッション。
千葉県内にある動物愛護センターでのセッションなんですが、
実際、そこに収容されている犬のトレーニング、
そして、保護活動をされている人には一番と言っていいほど大事な、犬の「見立て」をやるそうです。


Masumiさんの犬のハンドルやセッションを見ている時、いやいや、ただの世間話をしている時でも、

「あの犬は~~~だから」 「この犬は~~~だね」 「~~~だから~~~しないと」

など、こういう言葉がポンポンとMasumiさんの口から出てきます。
私はいつも「ほお・・・・。つか、何で分かるんすかっ!」って思いながら聞いてます。

私でも、つか誰でも1~2週間ウチで犬を預かったりすれば(生活を共にすれば)、何となくその犬の性格やら問題なんかは見えてくるんだと思います。
「全くSocializeされてませんな・・・」とか「フレンドリーな割りに結構ドミナント・・・」とか。(含・見当違い

でも、保護活動をされている方が犬を引き出す際や、
私の場合、譲渡会で知らない犬をハンドルしなければならない時、先住犬とのMeet & Greetをする時などは、
コレを直ぐ、正確に判断しなければなりません。

じゃないと、色んな意味で痛い目に合います(失笑)。

なので、このセンターセッションは見たい~!

このセンターセッション以外の、一般の飼い主の方向けのセッション、セミナーもあります。
問題を抱えている飼い主の方、犬のトレーニングに疑問を感じている方、
目の前の霧が晴れるコト、間違いないです!
私がそうでしたから(笑)。
是非、お誘い合わせの上、ご参加を♪

今日は、先週末に華々しいTVデビューを飾った(撮影)、
D911の保護犬、癒し系ばあさんPatrice(パトリース)の画像をお楽しみください。
f0224986_544671.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-26 11:50 | Others

どうなっているんだ・・・

ゴブです。
先週末はテレビ番組の撮影があり、Masumiさんに同行させてもらっていました。
D911の保護犬を使ったリアリティー・ショーで、撮影秘話、感想等、書きたいこと沢山あるんですが・・・。

昨日、Alfredoをマリリンと一緒に迎えに行って来ました。
病院から出てきたAlfredoは興奮気味で元気いっぱいだったんですが、
ちょっと、まだセキしてるし、鼻水も出てる・・・。

マリリンに直ぐ言ったら、様子を見ようと。
で、家に帰って来てから今日の朝まで注意して見てたんですが、やっぱりセキをしてて鼻水も。
今週金曜にAlfredoが欲しいという2組と面会があるんですが、この状態で譲渡は無理。
で、今日、再度獣医の所へ行って来ました。
そこは、Alfredoが入院していた所ではなく、いつも行っている所。

そこで再度レントゲンを撮り言われたことは、

「ひどい肺炎です。ジステンパーの可能性も捨てきれない。」

えええ~!?
入院した病院で肺炎だと診断され、その後元気になりいつでも退院していいと言われたのがテレビ撮影の前。

で、何でまた今”ひどい肺炎”だと診断される!?
もう、どうなっているのか理解不能。


今、Alfredoはいつもの獣医の所で入院中で、手を尽くして治療してもらっています。
↓ 今日、病院でのAlfredo。セキに鼻水はアルが元気もアル。
f0224986_14102840.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-24 20:45 | Alfredo

肺炎

Alfredoが入院している獣医から電話があり、肺炎を起こしていたがもう大丈夫とのこと。
いつでもPick-upしていいと言われたようですが、今週末に家を留守にするので週明けまで預かってもらうことにしました。

ジステンパーかどうかという判断は検査で分かるようなものではないそうで、
Alfredoは持ち直してきているので違ったのかな?
どちらにしても元気になってきているようで良かったです!

ご心配お掛けしました!
f0224986_1531216.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-15 22:23 | Alfredo

おかえり Solomon !

今日の午前中、SolomonをPick-upしてきました。
手術は無事に終わりましたが、これから私の出番。
つか、ホントやりたくないんですが・・・。

まあ、飲み薬なんかは問題ないとしても、
1日1回の注射を数日・・・。
傷口と言うか傷の内側の消毒・・・。

この消毒ってのが曲者でして、Solomonの耳の手術は耳の辺りからではなく、
マズルの下の方を切って耳の奥が処置されています。
で、理由はもう良く分からないですけど(涙)、マズルの下からチューブが2本出ていて(涙)、
そのチューブと注射器を使って中を消毒するんです(涙)。
このチューブは後日、抜き取るそうですが・・・(涙)。

Solomonのためにきちんと消毒しなきゃと思うんですが、
私、ナースじゃないし~!獣医のアシスタントでもないし~!
と、泣きたくなりますわ。

旦那さんが居たら、旦那さんに押し付けられたのに~!?
f0224986_1337612.jpg

f0224986_1334795.jpg

チューブの写真は掲載自粛します・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-13 22:14 | Solomon

静かな夜

昨日は大変な1日でした。体力的にも精神的にも。

昨日手術予定だったSolomon、他の手術が長引いてしまいSolomonまで順番が回ってこなかったとのこと(笑)。相当アメリカらしい理由だわ。
なので予定が1日ずれ手術は今日で、明日、SolomonをPick-upしに行ってきます。

そしてAlfredo。
先週の土曜にちょっと元気がなく、緑色の鼻水を出していた。
その時セキはしていなかったけどKennel Cough(伝染する気管支炎?)が恐かったので、マリリンと相談して直ぐ獣医へ連れて行くことにした。
その時の診断は、

「Sinus Infection(鼻炎?)かな?Kennel Coughの可能性は低いと思う。
ジステンパーの可能性も100%無いとは言い切れない。」

じゃ、結局何なの!?と聞きたかったけど、先生もハッキリとは分からないんだろうな。
獣医なんてそんなもん。
注射を3本、薬を3種類もらって帰ってきました。
念のため他の犬とは別にした方がイイとのことだったので、AlfredoとSolomonのクレートがある部屋からSolomonのクレートを出し、Alfredoの隔離生活が始まった。

相変わらずちょっと元気がないけれど、良く食べるし下痢もしていない。
静かでイイや♪くらいに思っていたんだけど、週明けの月曜日に鼻血。
焦って即行また獣医へ。
セキも出始めていたと思うが、鼻血はSinus Infectionのせいだろうと。
セキもしていたのでKennel Coughかと聞いたら「可能性はある。」と・・・。
そして注射2本、薬2種追加。血液検査までしたんだけど。

その後、鼻血はすぐ止まったけどセキと鼻水は続いていた。
食欲が落ちていなかったと、下痢をしていなかったのが救い。

でも、水曜日にエサを食べなくなり、少し食べた分を直ぐ吐いた。水は飲んでいる。
木曜の朝、Solomonを手術のためにDrop-offして家に帰ってくると、
Alfredoはグッタリしていて呼吸もぜーぜー。目もうつろ。
昨日1日食べず、木曜の朝も食べず。

マズイな。体力落ちてるし今日は水も飲まない。点滴しないとマズイな。

マリリンかマスミさんに電話しようかなと思っていた矢先に別件でマスミさんから電話。
状況を説明してまた直ぐ獣医へ。
今日はいつもの先生でなく別の先生。ほとんどアポなしって感じで行ったから。

「肺炎起こしてるかもしれない。薬が効いていないみたいだから、別の薬試しましょう。
ジステンパーかもね。ジステンパーの可能性50%以上。」

ええええ~!?

この数日で”ジステンパーの可能性100%無いとは言い切れない”から、”可能性50%以上”になっちゃうの!?
1日半何も食べてないし脱水症状とか怖いから点滴をして欲しいと言ったんだけど、
伝染する病気持ちの犬を預かる隔離部屋がいっぱいで空いておらず預かれない(入院できない)。
なので点滴もできない(時間が掛かるので)と言われた。

「・・・・。」

で、家に帰ってチキン・スープを薄めてあげてみろ・・・と。

「・・・・。」

そして、
「I know he needs to be hospitalized, but we have no space for him.」
この犬、入院させるべきなのは分かってるんだけど、今、空きがないから。

そして、
「I know he needs an IV, but we can't.」
点滴も必要なのは分かってるんだけど、それもウチでは今できないから。

もう何も言えなかった。
旦那出張中だし、私1人でどうしよう・・・。チキン・スープって・・・。
肺炎かもって言ってたのに・・・。
今晩眠れないことは確実、つかこんな状態で家に帰らされてAlfredo死んじゃうよ!

マリリンに連絡して説明、マリリン激怒。
LAにある他の獣医に連絡してくれて、直ぐそこへ行けと。
マリリンもそこへ来てくれました。

そこの獣医では即行点滴の準備、要血液検査。多分X-rayも必要と言われ、即入院。
可能性はもちろんあるが、ジステンパーではない気がすると言われました。

そして、
この状態の犬を、点滴もせず家に帰すなんてあり得ない。」と。

ここ数日間目が離せなかったけど今はちゃんと病院でモニターしてもらっている。
その安堵から一気に緊張の糸が切れ涙目。

だから今、SolomonもAlfredoも家におらず、JigenとZennyだけ。
2匹だけって相当久しぶり?
静かな夜になりそうだ~と思っていたんだけど、そうでもなかった(笑)。

Solomonの手術がうまくいき、Alfredoが無事帰ってきますよに。
がんばれ、Alfredo !!
f0224986_7413584.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-12 13:26 | Alfredo

手術

Solomonは以前より、慢性的なEar Infectionに悩まされていました。

ちょっと前に、処方された耳の薬をやろうとSolomonの耳を持ち上げると血・・・。
もうその時には乾いていましたので、前の日の夜に出た血?
慌ててD911のマリリンに連絡して、直ぐ獣医へ連れて行くということになりました。
そして、獣医の先生に耳を診てもらうと、耳の中にポリープができている。
で、慢性的なEar Infectionのせいで鼓膜が破れている・・・と。

あ、あの~、Solomonは耳を診てもらうのに相当頻繁に獣医の先生の所へ通ってて、
2~3週間前にも耳、診てもらったよね???

ポリープはその時にはなかったもので、
Ear Infectionをくり返したせいで鼓膜が破れるのは良くある事だとのこと。

本当かよ!?
つか、防げなかったのか!?


と悪態つきたかった気持ちはおさえ、獣医を後にしました。

そして明日、そのポリープをとる手術。
で、その際に耳の穴はふさがれます。
鼓膜が破れている耳なので、この際ふさいでしまってEar Infectionの心配とおさらばしようという事みたいです。

ウチに来る子たちが、頻繁に病院通いするのはナゼだ?

↓ 明日、手術イヤだなあ・・・。
f0224986_1514859.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-10 22:50 | Solomon

今日はドコ行くんすかね?

f0224986_1256628.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-09 21:54 | Solomon

Wink 的な・・・

クッションの上で休んでいたZennyの横に、無理矢理入るJigen。
f0224986_1422510.jpg

↓ そして決めのポーズ。
f0224986_14225176.jpg

↓ こっちの人は、1人Wink。
f0224986_14234489.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-08 21:18 | Alfredo

続けること

私たちの住んでいる所は全てカーペット敷きで、一応、日本式に土足禁止。
なので面倒ですが、4匹もいると相当面倒ですが、散歩から帰ってきたら犬の足を拭いています。

Solomonがウチに来て数週間は、足を触ることもできず。
でも毎日少しずつ慣らして、今でも相当嫌そうで小刻みに震えていたりするんですが、
足を拭けるようになりました。

いつもは「Down」のコマンドで伏せをさせて足を拭くんですが、
今日はたまたまか、ZennyとSolomon、何も言わなくても伏せの状態で待っていました~。

ああ、継続は力なり♪(笑)
f0224986_162252.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-07 22:50 | Solomon

Zennyの正体

Zennyを連れて散歩していたり、譲渡会に遊びに行ったりすると、
この犬は、一体何のMix???
と聞かれることが少なくない。

まあ、PitとBoxerが入っていることは明らか。
D911のマリリンはシェパードが入っている!と。まあ、マリリン、シェパード大好きだからね。
私と旦那さんは、このサイズとプレイドライブからしてビーグルが入っているのでは?と話していた。


で、気になるからDNAテストではっきりさせました~!

簡単なDNAテストのキットが売られていて、口の中の粘膜を付属のデカ綿棒で取って郵送。
2~3週間で結果が送られてくる、というもの。($70.00くらいだったかな?)
この情報をお友達に教えてもらい、ウチも早速キットを買いに行ったのでした!
教えてくれた、Aりさん、AYさん、ありがと~!


では、Zennyの正体・・・。

↓ やっぱりピット♪ まんま・・・って感じで。
f0224986_1546125.jpg

↓ そしてボクサー♪ これも本命。
f0224986_15472321.jpg

↓ マリリン、正解!ジャーマン・シェパード!
f0224986_15481486.jpg

↓ で、なんと、コリー!Zennyのどこにコリーが!?
f0224986_15492753.jpg


Zennyの軸となっているのは、上記の4犬種。
マリリンがZennyのことを"シェパードMix"と呼ぶたび、「入ってないだろ~」と密かに思っていたんですが。
いやあ、マリリン大正解でした!
でも、コリーが入っているとは・・・。つか、どこに!?


そして、ほんの少し、数パーセントの割合で入っている犬種が以下。

↓ バセットハウンド。Zennyのプレイドライブはココから来たのか?
f0224986_1554393.jpg

↓ チャイニーズ・クレステッド。「・・・・・。」
f0224986_15553893.jpg

↓ チャイニーズ・シャーペイ。密かにパグが入っていると思っていたので何となく納得。
f0224986_15562027.jpg

↓ チャウチャウ。うそ~ん!?
f0224986_15564582.jpg

↓ アメリカン・ブルドック。ピットと何が違うんでしょうか???
f0224986_15571650.jpg


ビーグルなんて全然入ってないし(爆)!
つか、どんだけAsianなんだよ、Zenny・・・(笑)。
もう、いつもより更に愛おしいわ。

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-05 23:09 | Zenny

ヘアカットした訳ではなく

Alfredo。
ウチに来た当初は気付かなかった、っつか、なかったと思うんですけど。

この写真で分かりますかね?
この子、モヒカン・・・です。

どんだけFunkyなんだ。
f0224986_244966.jpg

f0224986_25684.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-05 10:59 | Alfredo

成長

ウチは小さい4Plexの2階に住んでいるんですが、ドアを開けると直ぐ下に下りる階段があります。
なので、よくありがちな「外へ出られる嬉しさからドアを開けると外へ突っ走る」をやられると大変危険。
犬は大丈夫でも、リードを持っている人間が階段から落ちて、シャレにならないケガを負います。

だからウチでは、絶対に守らなければならないルールがあります。

外へ出る時、まずドアの前で「Sit」、そして階段の前でも「Sit」。
ドアの前で「Sit」が出来なければ外へ出るドアは開かないし、
階段の前で「Sit」が出来なければ階段を下りることはできません。

JigenやZennyはもう分かっているので、「Sit」と言わなくても座って私のOKサインを待っています。
Fosterの一時預かりの犬達にも同じことをさせます。
理解していようがいまいが、させます。

ウチにあまり長くいなかった犬は、嬉しいことにソレを覚える間もなく譲渡されていったけど(理解していなかったので無理矢理座らせていた)、
長居組のSolomon、Tonnyは、ソレをきちんと理解していて、勝手にドアから飛び出すこともなく「Sit」と言われれば、きちんと座って待っていました。

暴れん坊のAlfredoにも同じことを教えています。
ウチに来てほぼ1週間だけど、もう理解しているような・・・!?
人に吼えたり唸ったりすることもタイブ減ったし。

コロコロな仔犬のうちに、早く貰われてくれるとイイんだけどなあ。
f0224986_13554834.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-03 21:24 | Alfredo

笑う犬

↓ 始めは3匹一緒。テニスボールの取り合いで走りまわる。
f0224986_14504880.jpg

↓ Jigen、遅れをとり始める。
f0224986_1451338.jpg

↓ Jigen、とうとう見学にまわる。
f0224986_14523494.jpg

↓ Zennyも疲れ、笑うAlfredo。「きゃはは、もう疲れちったの?」
f0224986_1453342.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-02 22:47 | All of them

大と小

Jigen: あ~あ、面倒な奴がウチに来たもんだなあ・・・。
f0224986_13502575.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-08-01 21:48 | Alfredo

気づき

いやあ~、Zennyが今やSolomonの下に位置しているって、

私、気づいてなかったっすよ、Masumiさん ♪


SolomonがAlfredoに”教育的指導”をするなんて想像すらしませんでした。
つか、今だに信じられない・・・(笑)。
だってだって、ウチに来た当初は自分の影にビビル男でしたし、
通りの向こうのネコを見て、完全に固まる男でしたよ!?

でも、Tonnyの執拗なハラスメントがSolomonを真の男に変えた!?
無礼な若造Alfredoに渇を入れるようになるとは・・・!
何と誇らしい。


犬のランキングの変化には気づかなかったけど、
唯一気づいたのはFosterを通して自分の犬が見えてくるという事。
Zennyは、Alfredoにベロベロと口を舐められたり、背中に乗っかられたり、足を噛まれたり・・・と色々無礼な事をされても、
ブチ切れたり、Solomonのように渇を入れたりしません。
その代わり、Tulip(5ヶ月のピットMix)の時もそうでしたが相手のノリに合わせると言うか・・・。

相手が「イェ~イ!」とでると、Zennyは「イェ~イ、イェ~イ!」で返す。
だからジャレ合っていても、遊びがすぐエスカレートしてRoughになり、
相手が引くか「キャ~ン」と痛い目にあいます。

ZennyとAlfredoを見ていても「Zenny~、今のガツンとやる所でしょ~!」とか、
「Solomonだったら渇入れてたよね~、今のトコ。」とか思う時が結構あります。

最近ずっとそれって「何でだろ~?」って考えてたんですよね。
それが”Zenny自身の幼児性”だったとは!
でも、そう考えると全てつじつまが合いますわ。

だからZennyとAlfredo、Alfredoがウチに来てからまだ数日ですが、
2人のマブダチ度は相当高いです。

人間の年齢でいうと、23歳のZennyと5歳のAlfredo・・・。
ちょっと複雑(汗)♪

↓ テニスボールを取り合いますが、Zennyには全く追いつけないAlfredo。
f0224986_15153847.jpg

↓ 仮に追いついても、そう簡単にテニスボールは渡しません。
f0224986_15164919.jpg

↓ Alfredoに乗っかられたら・・・、
f0224986_15173133.jpg

↓ 今度はZenny。
f0224986_15181534.jpg

↓ そして最後は「愛してるゼ、兄弟!」
f0224986_15191383.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-30 21:44 | Zenny

Alfredo

f0224986_14404154.jpg

f0224986_14405729.jpg

ウチの新入り、3ヶ月弱?のAlfredoです。
ピュア&イノセントって感じしますが・・・、とんでもない!
気に入らない事には、吠える、ウナル、噛もうとする。
先週の譲渡会で譲渡されたんですが、リターンと相成りました。
早くに親・兄弟から離されたはずなので、しょうがないと言えばしょうがないですが・・・。

Tonnyが譲渡された後、縁あってウチでFosterする事となりました。
まだ仔犬で(見た目)相当カワイイと思うので、直ぐいってしまうと思いますが。


↓ 家の外にてMeet & Greet を1匹ずつ済ませ、家の中にAlfredoを入れました。
  Jigen, Zenny, Solomon とも「何だ?何だ?」という感じ。
f0224986_15143443.jpg

↓ 当の本人Alfredoは、やりたい放題でJigen,Zenny,Solomonの口を舐めまくり(汗)。
  仔犬なのでコレもしょうがないですが、犬の世界では相当無礼な行為。
f0224986_15184866.jpg

f0224986_15192447.jpg

f0224986_15194565.jpg


ウチでAlfredoをしばらく預かるという話をMasumiさんとしていた時、
Solomonがガウってくれるでしょ。」と。
えええ~!?Solomonが?
最近Tonnyに吠えてみたりで急成長中とは言え、あのビビリのSolomonが!?

↓ もう執拗に口を舐めまくるAlfredo。
f0224986_15305972.jpg


Solomonの口を舐めている時、その時、事件は起きました!
Solomon、ガウる!!

↓ ガウられX-penのすみでビビっているAlfredo、私の顔色を伺うSolomon。
f0224986_15335785.jpg


もちろん私は「Solomon, Good Job~!」

でも、Solomonが本当にガウるとは!Masumiさんの言った通りだ~!何で分かるんだろ?
その後もしつこいAlfredo、何度かSolomonにやられてました(笑)。
そして、あまりのしつこさに3匹から嫌がられている様子のAlfredo・・・。
f0224986_15435726.jpg

学んでくれ♪

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-28 22:39 | Alfredo

Tonny、見つかる!

Tonnyが見つかりました!

足にケガをしており疲れきった様子ではあるものの、きちんと獣医の先生に診てもらい大丈夫とのこと!
写真は今日、獣医でのTonny。
f0224986_6485576.jpg


Tonnyを見つけてくれた人が、首輪に付いていたネームタグを見て連絡をくれたそうです。
良かった~!

皆さん、犬には必ずネームタグを付けましょう!

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
# by Fujiko_blog | 2011-07-28 14:40 | Tonny