「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

復活!Alfredo

Alfredoが元気になって帰って来ました!
そして、今週の土曜には譲渡が決まる予定・・・です♪
f0224986_14184673.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
by Fujiko_blog | 2011-08-31 22:17 | Alfredo

TV撮影秘話-おまけ

Masumi オリジナル・コマンド”ひ~は~”を、最も習得して欲しいヒト、Solomon。
もうちょっと、はしゃごうや~!


↓ Solomon: 「何よ、”ひ~は~”って・・・・?」
f0224986_61384.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
by Fujiko_blog | 2011-08-31 13:54 | Others

TV撮影秘話-3

これから犬のトレーニングのシーン。
f0224986_1529375.jpg

番組プロデューサーの友達だと言うこのトレーナー、ものすご~くトリートを使います。
撮影が始まる前に犬を1匹ずつ歩かせていたんですが、相当トリートをあげていて、
そして、犬はどれもフード・モチベーションのある犬だったので、そのトレーナーに釘付け。

「お~い、今そんなにトリート食べさせてたら、本番までにお腹いっぱいになっちゃうぞ!」
って、いらん心配しちゃうくらい(笑)。
でもきっとコレで”このトレーナー=トリート”って犬にはレジスターされた?

撮影が始まるとそこまでトリートを使っていなかったけど、
だからかえって犬達はそのトレーナー(=トリート)に意識が集中していて、きっと絵的には良かったんだと思う。

トリートを使うトレーニングを否定する訳ではないし、私達もトリート使いますが、
トリート持ってなかったらどうするんだろ?とか、フード・モチベーションの低い犬だったら?とか考える。
トリートの使い方が、多分、(私達とは)違う。


TV撮影に参加した、ゴージャス系ゴールデンMixのCooper。
撮影後半に”1匹に絞れない悩めるお父さん”のシーンがあり、候補の犬1匹ずつを前にお父さんが思いを語ります。

↓ お父さん、Cooperへの思いを一所懸命語っていますが、当の本人、動いていけないことを分かっているのでじっと座っていますが、
意識は写真を撮った私の後ろにいるMasumiさんにいっています。
Masumiさんはトリート持ってませんがね。
詳しい理由はMasumiさんの次回メルマガにて・・・。
f0224986_16195413.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
by Fujiko_blog | 2011-08-28 23:21 | Others

TV撮影秘話-2

1日目と2日目に、個別撮影がありました。
1匹ずつ芝生の上にじっと座らせ、それをカメラでしばらく撮るというもの。
多分、放送ではその絵をバックに、犬の紹介をするのかな?

初めはMasumiさんが犬をカメラの前でバシっと座らせ、
私達アシスタントは次の犬のスタンバイ、終わった犬の受け取りをしてました。
しばらくするとMasumiさん、

「じゃ、2人ともやってみて。」

と、おっしゃるじゃありませんか~!
「い、いきなりですか~!?」とココロの中で舞い上がりつつ、
めったいにないチャンスを頂いた事に感謝しながら私達アシスタントもやらせて頂きました。
f0224986_12581867.jpg

↓ 相手は犬。遊びモードに入ってしまっても落ち着いてコレクションを入れ問題ナシ!
f0224986_12594585.jpg


そして、Masumiさんのブログにもありましたが、他のトコから来てたバセット・ハウンド。
この子がまた全然言うこと聞かないんですよ~。しかもハーネスで登場!
速攻ハーネスは外し、首輪にリードを付けかえたんですが、
バセット・ハウンド、重心が低いのか単に体が重いのか、コレクション入れるのも大変で。
「よそのお宅の子」だから、どのくらいガッツリいっちゃっていいの?っていう遠慮もあり・・・。

個別撮影で、じっと座っていないであろうことは明白。
もう1人のアシスタントの子と、「バセットどうする?」という話になり、

「マ、マスミさ~ん♪」

と、Masumiさんに甘えてみた(爆)。
すると「あ~、その子ね。」とMasumiさん、バセットを連れカメラ裏へ
そしてMasumiさんとバセット、1対1の対決。
バセットは1分もたたないうちにペタッと座り、ゆっくりと横になり、最後にはお腹を見せて降参してました。(スゴイな~!)

その後、バセットの個別撮影はとってもスムーズ!
↓ お前、分かってるんやろ~な~!
f0224986_1322762.jpg

↓ 見とるからな!
f0224986_13222679.jpg


そして最後に5匹そろっての撮影。1人、あさっての方向を見ているバセット。
↓ バセット、またお前かい!?いい加減にせいや!
f0224986_13251498.jpg


本当にD911の犬はWell Behavedで、撮影クルーの人達からも高評価。
「一番大変なのは、犬を使った撮影と子供を使った撮影。
でも今回の撮影はとっても楽。」と言ってました!
良かった良かった♪

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
by Fujiko_blog | 2011-08-27 20:42 | Others

TV撮影秘話-1

撮影秘話ってほどでもナイが、先週末の撮影の話など・・・。

このTV Showの求めているモノの(私の)印象。
素敵な家に大きなバック・ヤード、笑顔の旦那さんに優しい奥さん、そして可愛い子供達。
彼らに足りないものは・・・、そう、ペット。犬です。
"Picture Perfect"な家族が、初めての犬を選ぶまで・・・の番組。

↓ お家のガラージ(車庫?)がモニター・ルームに早変わり。
f0224986_14283588.jpg

↓ 皆でモニター、チェック中。カメラの向こうでは、犬に色んな事をさせようと必死なスタッフ。
f0224986_1438057.jpg

↓ 待ち時間に、犬含めスタッフの人達と和み中♪
f0224986_14421915.jpg


撮影は、とにかく待ち時間が長い!毎日”待ち疲れ”で皆ヘトヘト。
そしてTVクルーの人達のFirst Priorityは、犬が疲れていようがいまいが、イイ絵を撮ること!
その辺を頭に入れて、私達は犬を守ってあげなければいけないのかもしれません。

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
by Fujiko_blog | 2011-08-26 22:14 | Others

MASUMI Japan Tour !!

いや~歳をとると、疲れが体に残ります。
先週末のテレビ撮影で、数日体がかったるかったですわ・・・。
撮影のご報告は後日ゆっくりするとして、今日は、忘れてならないコチラ!

MASUMI Japan Tour 開催 !

今回は東京、千葉、大阪、福岡だそうです。
私も行きたいんですよね~、特に保護活動をしている人向けの千葉でのセンターセッション。
千葉県内にある動物愛護センターでのセッションなんですが、
実際、そこに収容されている犬のトレーニング、
そして、保護活動をされている人には一番と言っていいほど大事な、犬の「見立て」をやるそうです。


Masumiさんの犬のハンドルやセッションを見ている時、いやいや、ただの世間話をしている時でも、

「あの犬は~~~だから」 「この犬は~~~だね」 「~~~だから~~~しないと」

など、こういう言葉がポンポンとMasumiさんの口から出てきます。
私はいつも「ほお・・・・。つか、何で分かるんすかっ!」って思いながら聞いてます。

私でも、つか誰でも1~2週間ウチで犬を預かったりすれば(生活を共にすれば)、何となくその犬の性格やら問題なんかは見えてくるんだと思います。
「全くSocializeされてませんな・・・」とか「フレンドリーな割りに結構ドミナント・・・」とか。(含・見当違い

でも、保護活動をされている方が犬を引き出す際や、
私の場合、譲渡会で知らない犬をハンドルしなければならない時、先住犬とのMeet & Greetをする時などは、
コレを直ぐ、正確に判断しなければなりません。

じゃないと、色んな意味で痛い目に合います(失笑)。

なので、このセンターセッションは見たい~!

このセンターセッション以外の、一般の飼い主の方向けのセッション、セミナーもあります。
問題を抱えている飼い主の方、犬のトレーニングに疑問を感じている方、
目の前の霧が晴れるコト、間違いないです!
私がそうでしたから(笑)。
是非、お誘い合わせの上、ご参加を♪

今日は、先週末に華々しいTVデビューを飾った(撮影)、
D911の保護犬、癒し系ばあさんPatrice(パトリース)の画像をお楽しみください。
f0224986_544671.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
by Fujiko_blog | 2011-08-26 11:50 | Others

どうなっているんだ・・・

ゴブです。
先週末はテレビ番組の撮影があり、Masumiさんに同行させてもらっていました。
D911の保護犬を使ったリアリティー・ショーで、撮影秘話、感想等、書きたいこと沢山あるんですが・・・。

昨日、Alfredoをマリリンと一緒に迎えに行って来ました。
病院から出てきたAlfredoは興奮気味で元気いっぱいだったんですが、
ちょっと、まだセキしてるし、鼻水も出てる・・・。

マリリンに直ぐ言ったら、様子を見ようと。
で、家に帰って来てから今日の朝まで注意して見てたんですが、やっぱりセキをしてて鼻水も。
今週金曜にAlfredoが欲しいという2組と面会があるんですが、この状態で譲渡は無理。
で、今日、再度獣医の所へ行って来ました。
そこは、Alfredoが入院していた所ではなく、いつも行っている所。

そこで再度レントゲンを撮り言われたことは、

「ひどい肺炎です。ジステンパーの可能性も捨てきれない。」

えええ~!?
入院した病院で肺炎だと診断され、その後元気になりいつでも退院していいと言われたのがテレビ撮影の前。

で、何でまた今”ひどい肺炎”だと診断される!?
もう、どうなっているのか理解不能。


今、Alfredoはいつもの獣医の所で入院中で、手を尽くして治療してもらっています。
↓ 今日、病院でのAlfredo。セキに鼻水はアルが元気もアル。
f0224986_14102840.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
by Fujiko_blog | 2011-08-24 20:45 | Alfredo

肺炎

Alfredoが入院している獣医から電話があり、肺炎を起こしていたがもう大丈夫とのこと。
いつでもPick-upしていいと言われたようですが、今週末に家を留守にするので週明けまで預かってもらうことにしました。

ジステンパーかどうかという判断は検査で分かるようなものではないそうで、
Alfredoは持ち直してきているので違ったのかな?
どちらにしても元気になってきているようで良かったです!

ご心配お掛けしました!
f0224986_1531216.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ

[PR]
by Fujiko_blog | 2011-08-15 22:23 | Alfredo

おかえり Solomon !

今日の午前中、SolomonをPick-upしてきました。
手術は無事に終わりましたが、これから私の出番。
つか、ホントやりたくないんですが・・・。

まあ、飲み薬なんかは問題ないとしても、
1日1回の注射を数日・・・。
傷口と言うか傷の内側の消毒・・・。

この消毒ってのが曲者でして、Solomonの耳の手術は耳の辺りからではなく、
マズルの下の方を切って耳の奥が処置されています。
で、理由はもう良く分からないですけど(涙)、マズルの下からチューブが2本出ていて(涙)、
そのチューブと注射器を使って中を消毒するんです(涙)。
このチューブは後日、抜き取るそうですが・・・(涙)。

Solomonのためにきちんと消毒しなきゃと思うんですが、
私、ナースじゃないし~!獣医のアシスタントでもないし~!
と、泣きたくなりますわ。

旦那さんが居たら、旦那さんに押し付けられたのに~!?
f0224986_1337612.jpg

f0224986_1334795.jpg

チューブの写真は掲載自粛します・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
by Fujiko_blog | 2011-08-13 22:14 | Solomon

静かな夜

昨日は大変な1日でした。体力的にも精神的にも。

昨日手術予定だったSolomon、他の手術が長引いてしまいSolomonまで順番が回ってこなかったとのこと(笑)。相当アメリカらしい理由だわ。
なので予定が1日ずれ手術は今日で、明日、SolomonをPick-upしに行ってきます。

そしてAlfredo。
先週の土曜にちょっと元気がなく、緑色の鼻水を出していた。
その時セキはしていなかったけどKennel Cough(伝染する気管支炎?)が恐かったので、マリリンと相談して直ぐ獣医へ連れて行くことにした。
その時の診断は、

「Sinus Infection(鼻炎?)かな?Kennel Coughの可能性は低いと思う。
ジステンパーの可能性も100%無いとは言い切れない。」

じゃ、結局何なの!?と聞きたかったけど、先生もハッキリとは分からないんだろうな。
獣医なんてそんなもん。
注射を3本、薬を3種類もらって帰ってきました。
念のため他の犬とは別にした方がイイとのことだったので、AlfredoとSolomonのクレートがある部屋からSolomonのクレートを出し、Alfredoの隔離生活が始まった。

相変わらずちょっと元気がないけれど、良く食べるし下痢もしていない。
静かでイイや♪くらいに思っていたんだけど、週明けの月曜日に鼻血。
焦って即行また獣医へ。
セキも出始めていたと思うが、鼻血はSinus Infectionのせいだろうと。
セキもしていたのでKennel Coughかと聞いたら「可能性はある。」と・・・。
そして注射2本、薬2種追加。血液検査までしたんだけど。

その後、鼻血はすぐ止まったけどセキと鼻水は続いていた。
食欲が落ちていなかったと、下痢をしていなかったのが救い。

でも、水曜日にエサを食べなくなり、少し食べた分を直ぐ吐いた。水は飲んでいる。
木曜の朝、Solomonを手術のためにDrop-offして家に帰ってくると、
Alfredoはグッタリしていて呼吸もぜーぜー。目もうつろ。
昨日1日食べず、木曜の朝も食べず。

マズイな。体力落ちてるし今日は水も飲まない。点滴しないとマズイな。

マリリンかマスミさんに電話しようかなと思っていた矢先に別件でマスミさんから電話。
状況を説明してまた直ぐ獣医へ。
今日はいつもの先生でなく別の先生。ほとんどアポなしって感じで行ったから。

「肺炎起こしてるかもしれない。薬が効いていないみたいだから、別の薬試しましょう。
ジステンパーかもね。ジステンパーの可能性50%以上。」

ええええ~!?

この数日で”ジステンパーの可能性100%無いとは言い切れない”から、”可能性50%以上”になっちゃうの!?
1日半何も食べてないし脱水症状とか怖いから点滴をして欲しいと言ったんだけど、
伝染する病気持ちの犬を預かる隔離部屋がいっぱいで空いておらず預かれない(入院できない)。
なので点滴もできない(時間が掛かるので)と言われた。

「・・・・。」

で、家に帰ってチキン・スープを薄めてあげてみろ・・・と。

「・・・・。」

そして、
「I know he needs to be hospitalized, but we have no space for him.」
この犬、入院させるべきなのは分かってるんだけど、今、空きがないから。

そして、
「I know he needs an IV, but we can't.」
点滴も必要なのは分かってるんだけど、それもウチでは今できないから。

もう何も言えなかった。
旦那出張中だし、私1人でどうしよう・・・。チキン・スープって・・・。
肺炎かもって言ってたのに・・・。
今晩眠れないことは確実、つかこんな状態で家に帰らされてAlfredo死んじゃうよ!

マリリンに連絡して説明、マリリン激怒。
LAにある他の獣医に連絡してくれて、直ぐそこへ行けと。
マリリンもそこへ来てくれました。

そこの獣医では即行点滴の準備、要血液検査。多分X-rayも必要と言われ、即入院。
可能性はもちろんあるが、ジステンパーではない気がすると言われました。

そして、
この状態の犬を、点滴もせず家に帰すなんてあり得ない。」と。

ここ数日間目が離せなかったけど今はちゃんと病院でモニターしてもらっている。
その安堵から一気に緊張の糸が切れ涙目。

だから今、SolomonもAlfredoも家におらず、JigenとZennyだけ。
2匹だけって相当久しぶり?
静かな夜になりそうだ~と思っていたんだけど、そうでもなかった(笑)。

Solomonの手術がうまくいき、Alfredoが無事帰ってきますよに。
がんばれ、Alfredo !!
f0224986_7413584.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
by Fujiko_blog | 2011-08-12 13:26 | Alfredo