フンドシ

引越しを目の前にして、ブログをアップしているよう状況じゃないんですが(汗)、
自戒の意味も込めて書いておきたい事が・・・。


昨日、Dog Houseでの出来事。

夕方にMasumiさんがMaxやLeo、浜ちゃんにエサをやり、少しエサが残ったフードボールが床にありました。

それをZennyが食べようとしたので、「No!」。
Zennyは食べませんでした。
そして2分後、Zennyはまたソレを食べようとしたので「ZENNY、NO!」。
Zennyは食べませんでした。

で、そのまた2分後。
Zennyは、またソレを食べようとしたんです。

その時は私がCorrectionを入れるより前に、MasumiさんがZennyにCorrectionを入れてくれました。

するとZenny、私が見たことのないような顔をしてテーブルの下に避難、その後は一切フードボールにさえ近づきませんでした。
私がMasumiさんの足元にも及ばないってのは明白な事実なんだけど、
コレなんですね、私とMasumiさんの根本的な違いは。

こういう風に書くと、「Masumiさん何やったんだ・・・?」と思われるでしょうが、
Zennyを蹴飛ばした訳でもなく、尻尾をちょいと火であぶった訳でもありませんから~(爆)!


完全に私が上を握れていない。コレに尽きるのかな?
リーダーがダメと言ったら、2分後でも2時間後でもダメなものはダメなんです。
それをZennyが理解していないというより、私がZennyに示せていない。

だから「No!」と言われて、その時は「チェッ」と舌打ちして止めるけど、
数分後に「もうイイでしょ」とまた同じことをする。
ガックリだけど、ナメラレテルんですな。

でもね、またフンドシしめなおしてがんばりますよ!
もう何回フンドシしめなおすの~!つか、どんだけフンドシ緩んじゃってんの?って感じは否めませんが、
緩んじゃったものは仕方ない。緩んだらしめて、また緩んだらまたしめて。
諦めませんよ。

諦めちゃイカンのです、人間が!

f0224986_14375225.jpg


その後、ZennyはずっとMasumiさんの顔色を伺っていたんですが、
しばらくしてからMasumiさん、Zennyを呼びました。
Zenny、相当恐る恐るMasumiさんに近づいて「こ、今度はなに・・・?」って顔。

でMasumiさんに、
「よく我慢したね。最初からそうやってれば、ちゃんと貰えるんだよ。」
って頭を撫でられると、もうZennyの尻尾は最高速で「Masumi ラブ~♪」状態。
Zennyが食べようとしていたエサの残り(笑)を貰い、クッキーまで貰い嬉しそうにMasumiさんのそばで座っていました。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

[PR]
by Fujiko_blog | 2011-12-23 17:56 | Zenny
<< 犬連れでBar もう勘弁して下さいよお >>