ドッグ・シッター

週末に、いつものお宅でドッグ・シッターをしてきました。
午後2時から夜の10時まで・・・(汗)。

この飼い主の女性、犬2匹(たまに3匹)を置いて2時間以上家を空けることをしないんです。
犬2匹は以前写真を載せたこともありますけど、両方とも10+歳。
私が彼女の家で犬と留守番していても、寝てるだけ・・・。

彼女がドッグ・シッターを必要とする理由は、
犬が外で大きい音がすると・・・吠える?から。
2~3時間に1度、犬を外に出してオシッコさせてほしいから。

私が居る時に外で音がして1匹が吠え始めた事があったんですけど、
「No!」ですぐ止めたし、誰も止める人がいなかったとしても1時間も2時間も吠え続ける犬じゃないと思うんですよね。
歳・・・だし(笑)。

2~3時間に1度のオシッコだって、いくら老犬とはいえ2時間以上オシッコがHoldできない訳ではないと思うし。

私的には、「犬を置いて2時間以上家を空けられない」なんて有り得ね~って感じだし、
ドッグ・シッターを必要だという理由も、ちょっと過保護と言うか心配し過ぎじゃね?って気がします。

でも、それでイイんです、彼女たちは。
彼女は仕事を既にリタイアしており家にほぼ1日いる。
オシッコのために犬を頻繁に外へ出すことも、彼女的には全く問題がない。
ちょっと長い時間出かけるときは、人を雇うことができる。
これで彼女たちは100%幸せなんです。

他人に迷惑を掛けず、そして人も犬も幸せならばイイと思うんです。

要するに何が言いたいかというと、
他人にどう言われようと、人に迷惑を掛けず飼い主も犬も幸せならば他人の言うことなんて気にすることはないんだと思います。

と、ちょっと前にZennyの着けているプロング・カラーを白い目で見られたのでツブヤイテみました。
ブレちゃ駄目だ。

この家にはネコも居ます。耳が聞こえないKeeper君です。
f0224986_3372698.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ

[PR]
by Fujiko_blog | 2011-11-12 21:44 | Others
<< ナイス・キャッチ! 耳 >>