気づき

いやあ~、Zennyが今やSolomonの下に位置しているって、

私、気づいてなかったっすよ、Masumiさん ♪


SolomonがAlfredoに”教育的指導”をするなんて想像すらしませんでした。
つか、今だに信じられない・・・(笑)。
だってだって、ウチに来た当初は自分の影にビビル男でしたし、
通りの向こうのネコを見て、完全に固まる男でしたよ!?

でも、Tonnyの執拗なハラスメントがSolomonを真の男に変えた!?
無礼な若造Alfredoに渇を入れるようになるとは・・・!
何と誇らしい。


犬のランキングの変化には気づかなかったけど、
唯一気づいたのはFosterを通して自分の犬が見えてくるという事。
Zennyは、Alfredoにベロベロと口を舐められたり、背中に乗っかられたり、足を噛まれたり・・・と色々無礼な事をされても、
ブチ切れたり、Solomonのように渇を入れたりしません。
その代わり、Tulip(5ヶ月のピットMix)の時もそうでしたが相手のノリに合わせると言うか・・・。

相手が「イェ~イ!」とでると、Zennyは「イェ~イ、イェ~イ!」で返す。
だからジャレ合っていても、遊びがすぐエスカレートしてRoughになり、
相手が引くか「キャ~ン」と痛い目にあいます。

ZennyとAlfredoを見ていても「Zenny~、今のガツンとやる所でしょ~!」とか、
「Solomonだったら渇入れてたよね~、今のトコ。」とか思う時が結構あります。

最近ずっとそれって「何でだろ~?」って考えてたんですよね。
それが”Zenny自身の幼児性”だったとは!
でも、そう考えると全てつじつまが合いますわ。

だからZennyとAlfredo、Alfredoがウチに来てからまだ数日ですが、
2人のマブダチ度は相当高いです。

人間の年齢でいうと、23歳のZennyと5歳のAlfredo・・・。
ちょっと複雑(汗)♪

↓ テニスボールを取り合いますが、Zennyには全く追いつけないAlfredo。
f0224986_15153847.jpg

↓ 仮に追いついても、そう簡単にテニスボールは渡しません。
f0224986_15164919.jpg

↓ Alfredoに乗っかられたら・・・、
f0224986_15173133.jpg

↓ 今度はZenny。
f0224986_15181534.jpg

↓ そして最後は「愛してるゼ、兄弟!」
f0224986_15191383.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
by Fujiko_blog | 2011-07-30 21:44 | Zenny
<< 大と小 Alfredo >>