ウチの暴れん坊

Masumiさんのやってらっしゃるレスキューグループでボランティアを始めてから早1年。
本当に何も知らない頭でっかちの私でしたが、少しずつ少しずつ犬について学んできました。
これから色々なプロジェクトが動き出すということで、個人的にもとっても楽しみ。

そのボランティアのミーティングが先週あったのですが、その事をMasumiさんがブログでアップされていて、少しZennyについて書かれています。


犬の言い分を聞いてあげること・・・・が欠けています。
噛んで人を動かすことを学んだ犬には、きちんと教えればいいんです。

ソロモンゼニー、プリンセス、マーティー、ビリー、どの犬も犬や人に唸ったり、向かっていったり、襲う行動を見せた犬たちです。(もっと居たけど、忘れた!)

中には獣医から獰猛な犬だと判断された犬もおります。
うちらの保護犬たちです。

でも、今では、とんでもないいい子たち!ゼニーなんか、犬を殺しかねないと譲渡会にも参加できない犬??として、うちが引き取った犬です。

今ではこの子、他の保護犬たちの心のセラピードックですよ!


本当に嬉しい言葉です。
以前のZennyを知っている人、そして特にMasumiさんからそんなコトを言われた日にゃ~、
そりゃ嬉しいってモンです!

ホント、誇らしい。


↓ Solomon「な、何だ、アイツ・・・?」
f0224986_9532365.jpg

↓ Zenny「イェ~イ!」
f0224986_9541367.jpg


↓ Zenny「セラピー担当ですが、何か?」
f0224986_9545061.jpg


ああ、愛おしすぎる・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
by Fujiko_blog | 2011-07-10 09:36 | Zenny
<< 突撃!Solomonの晩御飯 ... 慣れさせること >>