Solomonのバック・グラウンド

今日でSolomonがウチに来てからちょうど2ヶ月。
「2ヶ月あれば、もうちょっと色々できたでしょう?」という気持ちと、
「2ヶ月でここまで来れれば、御の字よ!」という気持ちが入り混じり複雑ですが、
今日は2ヶ月の記念(?)に彼のバック・グラウンドなんぞを少し・・・。長くなりそうな予感♪
f0224986_38483.jpg


Charlotte Spadaroという女性、ビバリーヒルズの元市長です
彼女は定年後、カリフォルニアのモハビ砂漠エリアで犬や猫のレスキューを始めることを決めました。
エライ、ここまでは(爆)。

で、犬や猫をどんどんレスキューしていき、どんどん自分で引き取っていき、その数はどんどん膨れ上がっていき、最終的には100匹を超えてしまい(200匹ちかく)自分では面倒見切れず、その上お金が底をつき去勢もしないでいる有り様・・・。

ご近所さんによる「もの凄い臭いがする」という通報から警察が入り、ものすごい不衛生な所で犬猫は野放し状態、そして、車庫にあった冷凍庫(Storage用の大きいタイプのものだと思う)には死んだ犬が入っていたらしい。
Charlotte Spadaro本人は、何匹の犬が冷凍庫に入っているか覚えていないと・・・。

私がお手伝いしているレスキュー・グループも含め、いくつかのレスキュー・クループが介入した時には、その家の中はすごい臭いがして(最初、警察やHealth Dept.の人達は酸素マスクをして中へ入った)、去勢をしていなかったので毎日ボコボコ仔犬が産まれていたそうです・・・。

これって、レスキューじゃないでしょ!


ココから、うちのレスキュー・グループによって保護されてきた中の1匹がSolomon。
Solomonはソコに居たとき、他の大型犬数匹からAttackされており、前足は2倍に腫れ上がっていたそうです。

このオバさんの名前をググれば、い~っぱい記事が出てきます。
久しぶりにこの人の記事を見てたら、3/22/2011付けの判決がUpdateされていて処分は・・・。

3年間の保護観察処分と、
250時間のコミュニティー・サービスと、
$180の罰金と、
精神鑑定(とカウンセリング)と、
全ての犬猫を手放す・・・が、3匹までなら飼ってOK ♪

そして、
シェルターで安楽死になる動物を救う為にやった事で、
動物を虐待(mistreatという言葉を使っていた)したことはない
。」と反論したって。
反省してないんじゃん!

有り得ね~!

この人、まだ裁判中のケースが2つあるらしいです。
だからか、「Charlotte Spadaroに重罰(max sentence)を!」なんていう署名サイトもヒットします。
署名したろか(怒)!

にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
by Fujiko_blog | 2011-03-24 23:00 | Solomon
<< 今週の譲渡会! Jigen の ガールフレンド !? >>