一難去って・・・股関節形成不全

昨日、Zennyを獣医さんのところへ連れて行き、めでたく"運動OK"してもらえました!
Jigenに踏みつぶされてEmergencyへ行ってから10日、散歩ダメ、運動ダメ、室内での遊びもダメでZennyも相当ストレス溜まったんじゃないかな?

夜、獣医さんの所から帰ってきて、遅かったのでまず夜のエサ。
少し休んでから、せっかくOKが出たので夜の散歩にZennyを連れ出しました。
いつものテニスコート(A.K.A. Dog Park)に行くと、もうこれでもか!って位に走りまくってました。嬉しかったんだと思う。


でも、私とZennyが夜の散歩を楽しんでいる間に、家で事件が起こっていました。

私がZennyを連れて家を出たので、Jigenが自分も外へ出してもらえると思い一瞬で興奮度MAX。
部屋の中を走り始め、それを止める間もなくJigenは足を滑らせ転んだそうです。
転んだあと、Jigenは痛みからか立ち上がれずその場でキューキュー鼻を鳴らしていて、私とZennyが帰って来たころには立ち上がって歩こうとしていましたが、変な感じで足を引きずっていました。

そして2週連続のPet Emergency Roomへ~!(泣)
獣医の先生は、Jigenの歩き方と触診から骨は折れていないでしょう。
足をひねったようだから、数日大人しくしていれば大丈夫。
心配ならレントゲンを撮ることもできるよ・・・と。

私達は、Jigenの股関節形成不全を疑っており、もともと1歳になったらレントゲンを撮るつもりでいたので、”え~い、だったらココでついでにやっちゃえ”とレントゲンをお願いしました。


今日、家で転んだところは骨も折れておらず問題なし。
でも、股関節形成不全の方は予感的中。
写真向かって右の足の付け根がズレてるの分かりますか?
これは、股関節形成不全の中でもヒドイ方だとのこと。

f0224986_15534230.jpg


泣きたいですわ。
だって「これ位ズレてると、ちょっと痛みがあるかもしれない。」って。
でも、このEmergencyの獣医さんは股関節形成不全が専門ではないので、専門医と相談するようにと言われました。
まずは、いつも行っている獣医の先生の所へこのレントゲンを持って行き、相談して専門医を紹介してもらうようになると思います。

多分、将来大きい手術になるだろうな・・・。

X-ray of Hip dysplasia.....It's Jigen's.

にほんブログ村 犬ブログ セントバーナードへ

[PR]
by Fujiko_blog | 2010-12-08 22:26 | Jigen
<< やられた!今度は共同作業 解体作業 >>