Dog Whisperer

難航するJigenのトレーニング(笑)。
私も旦那さんも同じモノを参考にしながらやっているのに、やはり経験の差か、Jigen君、旦那さんの言うことは比較的良くきくんですが、私の言うことには・・・。

その、私達が参考にしているのがアメリカのケーブルテレビで大ブレイク「Dog Whisperer」のCesar Millanのテクニック。

f0224986_0534533.jpg


彼は18歳のころ、家族と共にメキシコから違法にアメリカへ入国。
全く英語を話さなかったがGroomerとして働き始め、そこで

「どんな攻撃的な問題児(問題犬?)でも、彼の前では大人しくなりGroomingが終えられる。」

と評判になり、多くのクライアントを獲得したらしい。
そこから彼のアメリカでのキャリアがスタートし、今では彼のTV Show「Dog Whisperer」は爆発的な人気で、トーク番組への出演、著書も何冊もあり、南CAで”犬の更生施設”を持ち、雑誌も出版、彼のプロデュースするペット用品も。
(彼のキャリアをバックアップしたのが、初期からのクライアントの1人、”Jada Pinkett Smith”。Will Smithの奥さんで、彼女はCesarに英語も教えたらしい。)

彼の基本となる考え方は、犬を犬として扱い(犬を人間として扱わない)、犬は常に平静な状態で人間に服従。人間が絶対的なリーダーであること。

犬の問題行動は、ほぼ人間が犬を誤解していることが原因で、「I rehabilitate dogs, I train people(犬を更生させ、人を訓練する)」と言い、彼は自分をDog Trainer(訓練士)とは呼ばず、Dog Psychologist(心理学者)と呼ぶ。

そして、Exercise(運動)→ Discipline (規則・訓練)→ Affection (愛情)の順番がとても大事で、この順番が狂ったり、何か1つが抜けたりすることは犬の問題行動の大きな原因となる。


でもさ、聞くとやるとは大違いで、やっぱり難しい。
私達は彼のTV Showをほとんど全て観ているんだけど、彼はTrainerでもPsychologistでもなく、マジシャンだよ!
どんな攻撃的な犬でも、まるで催眠術をかけられたかのようになる。
ああは、いかないんだよねえ。


彼のテクニックや考え方はとてもすごいと思う。
でも私が一番好きなのは、彼の人柄。
そうだな、一言で彼の人柄を表すとしたら”チャーミング”。すごい可愛らしい!

散歩の時にグイグイ引っ張る犬を更生させた時は、
「(もうグイグイ引っ張らないので)リーシュは片手で持てばいい。空いたもう片方の手は、ほら、これからは君の奥さんの手を握るんだよ!」なんて笑顔で2人に手をつながせたり、

飼い主を1人じめしたい?守りたい?ために、飼い主の横に誰かが座ったり、飼い主に触れたりするだけで唸ったり吠えたりする犬の時は、最後に飼い主の女性と手をつなぎ外へ犬の散歩へ。もう唸ったり吠えたりしない犬を見て身長の低いCesarは満足そうに
「誰が背の低い男性は、テキサスの美女とデートできないなんて言った?(今、僕はテキサスの美女と手をつないで歩いているぞ!)」と冗談を言って笑う。

TVショーの端々に彼の人柄が見えて、彼のテクニックはすごいなあと思うと同時に、何て可愛らしい人なんだろうと、こっちまで笑顔になる。

いつか、Ceasarとまでは言わないけど、彼の3/1くらいの躾(←控え目な数字と言うより、弱気?)ができるようになるとイイなあ。

We're big fan of Cesar Millan!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ

[PR]
by Fujiko_blog | 2010-04-07 09:56 | Jigen
<< 夏らしく Daddy and Me II >>